« Vol.12 (2013/4/1配信)性格別恋愛事情ー死の人 | トップページ | Vol.14 (2013/5/1配信)性格別恋愛事情ー絶の人 »

2013年5月10日 (金)

Vol.13 (2013/4/15配信)性格別恋愛事情ー墓の人

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

.☆.*★・☆☆ Star Reading News vol.13 ☆☆・★:.☆*

      http://www.star-reading.jp   2013/4/15
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

おはようございます。
スターリーディングの静祥です。

このところ、地震や突風など不安定な状況が続いていますし、世に中の動きがハデな印象を持つ4月。皆様はいかがお過ごしでしょうか?
十二運別恋愛事情もあと残すところ2つとなりました。男女でもその感じ方は違いますし、もちろん、わたくしの少ない恋愛事情からして、想像の域を脱することはできない訳でございまして(笑)。
フィクションの世界として書いておりますが、根底にあるその人の核となる部分を理解していただけたらと、そんな気持ちで毎回、苦心しながら書いております。

さて、そんな今月二回目のメルマガは下記の2つのトピックから。

■ 1)今月の暦の世界
└───────────────────────────────

二十四節気では、4月20日は「穀雨」。文字通り、穀物の栽培に必要な雨が降る季節を表したものですが、二十四節気は、全てが農業に繋がっているかのように、先人達の知恵がこの暦の世界に存分に生かされていて、農耕からの恵みがこの日本の基礎になっていることを改めて感じたりもいたします。

苗代、代田、苗田、種蒔きなど、この時期に稲の種を蒔いて箱苗作りを始めたり、ミレーの「種まく人」などは、まさにこの時期を表しているわけですが、春の彼岸の10日くらい後から、八十八夜までの間に田づくりすると、良い具合に、恵みの雨が降り作物がぐんぐん成長して行くという季節。 人間社会も同様に、この時期に入学式や入社式があることも、日本ならではの季節感に準じたもにとして捉えると、フレッシュなスタートを切った若者達にぐんぐん伸びるんだよ!とエールを送りたくなる、そんな季節を感じます。

■2)十二運別恋愛事情シリーズ(11)☆ 墓の人☆
└───────────────────────────────
生まれた日の十二運は、本来その人がもっている性格の中でも特に恋愛や結婚に大きな影響を与える要素があります。
第十一回の本日は「墓」の人

★墓の人★

墓の人は、慌てず、騒がず、どんな時もどこか冷静さを漂わせている様な雰囲気を持った人が多いのですが、内面はどうかと言えば、冷静そうに見えていても、熱いハートの持ち主。ただ、なかなか初対面でそれを出すような事はありません。

割と良く人を見ていますが、相手のちょっとした変化や瞬間的な洞察力には欠けるものの、実は何かことが起きた時の緻密な計算力や、一見すると誰もが避けてしまような人物にさえ、この墓の人は人おじせずに、堂々と渡りあい、相手の懐に入って行くのが上手です。

カンが鈍ように見えていて、他の人が見ていない部分や、弱点、急所という面を押さえているので、好きになった人に対しては、ここぞという場面がやってきたらその瞬間を逃さずに攻めていきます。
とはいえ、そこは墓の人。自分勝手に走ったりはせず、根にある明るさと実直さと人に不快な思いをさせないような安心感が武器。誘われた相手にしてみたら、まぁ、たまにはお付き合いしてあげようかという、ボランティア精神みたいな気持ちで気軽に安心して乗ってしまうことも、多分にあるんじゃないかと。

貴方が墓の人のお誘いを受けたら、最後の一杯、いえデザートが終わる頃には、あなたの隙を突くように一気に想いを激白されるかもしれません。
え?っと、困惑したあなたの顔が浮かぶところですが、あれ?これってデート?ということがわかる頃には、誘われた貴方がよほど強い意思を持っているか、あるいは他に好きな人でもいない限り、いえ仮にいても、自分に向けられた、この人の秘めた熱い想いを無視することはできないでしょう。

まぁ、だいたい、生理的に受け付けないとか、嫌いな人からのお誘いには普通は乗らない訳でございますから、気がつくとその居心地の良さや、見えなかった情熱家の一面を見て、最初はただ驚くだけだった貴方も、人間臭い部分を始めて見せてくれる相手に、困惑と一緒にちょっと魅了されたりなんかもするんじゃないかと。
そして、気がつくと自分の気持ちも引き出され、聞き上手な墓の人のどすこい根性の勝ちとなる訳でございます。(笑)

さて、そうしていつの間にか、この墓の人のもつ温かさや人間的な安定感に惹かれ、めでたく恋人同士になったら、ここから第二のフェーズのはじまりです。
墓の人は普段、滅多に見せない心の奥底にある檻のような気持ちを抱えていたりして、本当に分かり合える人にでさえ、なかなかそれを見せようとはしませんが、自分に合わせて話を聞いてくれたり、この人ならと、開放感を味わえる相手に対しては、無邪気な子供のような面と、辛い心の中を時にはエキセントリックな一面として出すこともあるでしょう。また、そんな状態を見せてしまった自分に対する自己嫌悪の感情や反省心も人一倍持っていますから、その心情に寄り添える気持ちが芽生えたら、GOサイン。何も恐れることはなく、二人だけが理解し合える愛の形が出来上がります。裏に養の性質を持っていますから、愛情の深さはピカイチ。心配性でもあるので、安心できることは何よりの精神安定剤でもあります。

まぁ、とはいえ、何事も溜め込んでばかりで、吐き出したり、先に進めるということには腰が重いのもこの人の特徴です。結婚したかったら、周りのお膳立てが有効でしょう。
お金も基本的には割り勘であったり、大事にしますが、一度、目標を定めたら、そこは溜め込むのが得意な墓の人。あっという間に貯めて、見事にそれを達成してくれます。気がつくとちゃっかり預金通帳に溜まっていて、いざという時には頼れます。女性の場合は、へそくり上手な奥様へと進化。

時間がかかろうとも、心が納得しない限り、自分の中にある熱い情熱を発散しない墓の人ですが、だからこそ、心をつないだ相手には深い情愛をささげます。
ただし、以外にも、何かが起きたら案外あっさりと離別する事もできるのが、この人の底にある明るさの本質でもあり、奥深い複雑さを物語っているような気もいたします。

次回は、このシリーズ最後の「絶」の人をお届けいたします。

次回は、「絶の人」を掲載いたします。

バックナンバー(過去のメルマガ)は下記でお読みいただけます。
http://hoshiyomi21.cocolog-nifty.com/mailmaga/

生まれ日の十二運は、外部サイトのこちらでご確認いただけます。
http://www.suimei.com/suimei-p.html

十二運の基本的性格については、下記をご参照ください。
http://www.star-reading.jp/inyo/seikaku1.html

次回は、5月1日配信予定です。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

◆お問い合わせはこちら  http://www.star-reading.jp/contact/toiawase.html
◆会員情報変更・退会はこちら http://www.star-reading.jp/mailmagazine/index.html

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

« Vol.12 (2013/4/1配信)性格別恋愛事情ー死の人 | トップページ | Vol.14 (2013/5/1配信)性格別恋愛事情ー絶の人 »

陰陽五行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542912/57351983

この記事へのトラックバック一覧です: Vol.13 (2013/4/15配信)性格別恋愛事情ー墓の人:

« Vol.12 (2013/4/1配信)性格別恋愛事情ー死の人 | トップページ | Vol.14 (2013/5/1配信)性格別恋愛事情ー絶の人 »