Official HPはこちら↓

Star Reading Fortune

片目の天使

  • 片目の天使
    猫との出会いを通じて、豊かな愛情を紡いでいくニャンズ一家の物語

Twitter

  • 時々つぶやいています
    Twitter Button from twitbuttons.com

2018年7月11日 (水)

占い業界という場所

今日は会員の方から3通、ご紹介からのメール鑑定のご依頼が三通。

有り難いことでございます。

初めての方もそうですが、あ、そうだ、また相談して見ようと、そのまたのご縁があるのは本当に奇跡のようなもの。

占いの世界は、説明上手であったり、カンの鋭い人なら、占いの手法を知らなくてても、その顔色一つで上手く渡り合うこともできてしまう人もいるかもしれません。何が正解かより、聞く事、話してもらう事が、その真実かもしれないとも思ったりしますから。

しかしながら、二度目、三度目というご縁は、星の数ほどあるこの業界において、そうそうないと思うのです。

次から次に新しい占いが出て、まるで美容室が増えるかのごとく、とても流動的で身近な世界。

友人が、ある芸人が占い業界を調べて分析した結果を私に知らせてくれました。

それによると、有名になる占い師には業界的な方程式があるという。

面白いので、興味津々で聞いて見ると、

まずは、断定的に答える。曖昧はダメ!

次に、いろんな種類の職業について、その業界の特性を勉強してどんな質問にも答えられること。

そして、メディアに出るための売り込みに努力する。


果たして、そうして有名になったら、二年はメディアから引っ張りだこになり一躍スター的に稼ぎ、名も知られてドンドン上がっていくそうな。

しかし、それは2年という限定的な時間でもあるらしい。

そして、憧れの占い師は、二年越しに同じくらいの量と質で強烈なバッシングに会い、表舞台からいつのまにか消える。
そういうシナリオに乗って有名になり、消えていく運命があると。

まぁ、この話を聞きまして、思ったのでございます。

えへん!

偉そうでございますが、あえて申しますと。

結局、それは占い師でも美容師でも板前でもコンサルタントでもラーメン屋さんでも、目指すものが違うのだと。相手、お客様ではなく、売りたいもの、得難いものは自分。

見てほしい、知ってほしいのは、商品やサービスや相手ではなく自己。

わたくしは少しズルくて、そしてどこかに救いがあるかもしれません。
表舞台で輝くには、それなりの覚悟と何処かで自分を捨てる勇気がなければ、大きな実績や足跡は残せないのですから。これはタレントの世界共通。

その中で、占いって、人の悩みの世界を知る仕事でもあると思うのです。

大それた夢や希望がない私も、奢った言い方ではありますが、一人の人の気持ちに応えられる何かが、もしかしたら少しだけ持っていて、誰かの話し相手になれたら、それは本当に嬉しい。

人それぞれに生き方も性格も違いますし、どれが正解かなんて分かりません。何を選択し、誰と共に生き、どんな気持ちで日々を過ごしていくか、ただその繰り返し。

100歳時代の人生、それでもあっという間です。

限りある人生で、出会い、分かち合い、やがて別離する。出会ったものはいつか終わるのですが、この日本で同じ空間にいられる出会いに、不思議さと必然さを感じたりもいたします。

今年は、記憶に残る出会いをたくさん感じています。



2018年6月26日 (火)

若き板前さんと

昨日、ご縁のあった人は、まだ23歳という、若き女性の板前さん。

可愛い容姿に似合わず、凛とした強さと、18歳から腕を磨いて来た自信と、将来の希望に満ち溢れていました。

眩しいくらい。でも、若さゆえの迷いや先行きへの不安も少し。時々、涙ぐみながらも、明るく元気に笑顔で締めくくれました。

自分の店を持つには、あと数年。
しかし、必ずやり遂げる気迫と行動力を感じました。

若いって、それだけで素晴らしい。

ずっと見守って行きたい出会いでした。
ご紹介いただいたTさん、ありがとうございました。

さて、本日はネイリスト達のグランプリ。
投票権を持っての参加です。

華麗な世界にいて、切磋琢磨している人達にパワーをいただいて参ります。

暑さに負けず、頑張りたい。

会員の皆様への三カ月予報は、明日までには全員の方に送付予定です。まだの方、もうしばらくお待ちくださいませ。

では、行って参ります。



帽子が活躍中。

2018年2月 9日 (金)

探求してご縁

この三日間、新規のお客様と面談。

この仕事を始めた最初の三年間くらいは、HPやブログからご縁を下さる方がありましたが、この数年は、会員の方や、一度なりともご縁をいただた方々からのご紹介がほとんど。

そんな中で、恐らくですが、たくさんネットサーフィンをして、更にはご自身も運に大変な興味があり、様々な占いを試しながら、私のブログ、HPに行き着いて対面鑑定のお申し込みをいただいた方と面談Time。

腕が鳴るじゃないの!

なぁんて

そんなのあるわけございません。(^ ^)

ですが、何かを感じて、このままの人生ではいけない、何か私も生きる力を身につけたい。
運とは何だろう、本当に信頼できるもの、人は何処にいるのか。

鋭い眼差しの奥に、切実な思いを抱えている一人の女性との出会いでした。

強く見える人は、人一倍繊細。弱みをみせない、見せられない、信じたいけど、信じ切るという事の怖さ、世の中の理不尽さ、格差、さまざまな事を内に秘めつつ、徐々にその切れ味も柔らかく穏やかな素顔に少しだけ触れられた時間でした。

人は脱皮をする時、それまでの殻を破り、身に纏ってきた鎧を脱ぎ捨てることは、非常に辛く大変です。追い立てているのは他の誰でもなく、己自身。

それでも、何ができるのか、自分探しの旅を始めたこの女性が、自分らしさ、既に持っている宝について、再興できる日もそろそろ。

まとまりは良いとは言い難い鑑定の時間でしたが、帰り際、「またお願いしてもいいですか?」

もちろんですとも(^ ^)

次回、お目にかかるのが楽しみになりました。



今宵はとびっきり美味しいワインを開けましょう。

2017年12月19日 (火)

来年の運勢カレンダー、〆切は明日20日です。

みなさま

来年の運勢カレンダー、年内お届けの〆切は明日、20日となります。

それ以降にお申し込みいただいたものにつきましては、1月10日前後の納期となりますこと、ご了承くださいませ。

年内ご希望の方は、どうぞ明日までに。





明日までなんだから、ね、そこのあにゃた
急いでね。お申し込みはこちら

2017年10月 2日 (月)

2018年運勢カレンダー発売!

日頃、このブログにご縁をいただいている皆様。
毎年、運勢カレンダーをお申し込みいただいてるお客様。

大変お待たせいたしました。
予定より一日遅れましたが、本日より2018年度の運勢カレンダー、堂々発売いたします!

お一人ずつ鑑定して作成する、あなただけに贈る暦ですから、もちろん、お名前、運勢付きカレンダーになっております。さらに、来年の運勢鑑定書を別紙にてセットいたします。

HPのカレンダー画像は、今日現在はまだ昨年のサンプルを掲載しておりますが、追いかけるようにして差し替えの予定です。

まずは、お申し込みサイトからオーブンいたしました。皆様のお申し込み、心からお待ちしております。

何卒、よろしくお願い申し上げます。

お申し込みは、こちらから





そろそろ、あたちの出番かちら?

2017年5月11日 (木)

代官山にて一息

今日は、対面鑑定の後、代官山に来ています。
普段、休みの日には混雑するエリアですが、今日は空いていて気持ち良い。

ランチは大きな声では申せませんが、あまり美味しくはない。でもゆったりするには気持ちいい。 場所代ですね。

TSUTAYAの奥のレストラン。



GW中は仕事からも遠ざかっていまして、今週はのんびりかなと思いきや、待っていて下さったかのように久しぶりにご連絡を下さった方や、鑑定依頼のご依頼が。

ありがたいことでございます。heart02

そんな中、運気通りに居場所ががらりと変わり、新潟で仕事をしているという連絡をいただきまして。
あちらも私もびっくりしております。

変わる時は、本当に変わっていくように、運気は時には厳しく、時には優しく後押ししてくれます。

先行きの不安は、話すこと、書くことで、自分の気持ちや頭の中の混乱が整理されたりします。

今、私にご縁を下さる方々は丁度そんはタイミング。

個人的な価値観や感想を入れても意味はなく、相手の方の性格、生き方を第一に一緒に方向性を探す作業は、時には大変なこともありますが、自分が求められている事の大切さを実感もしていて。

気が付くと、この仕事を始めて8年、独立して5年が経ちました。

出会ったみなさまに、本当に勇気をいただき感謝です。

さて、帰ったらメール鑑定を。

頑張ります。(^ ^)





2017年3月25日 (土)

4月の運勢アップ

しばらくお休みしていましたが、今月の運勢をアップしました。

フライング気味に、4月からの運勢です。

こちらから

2017年2月27日 (月)

混雑している人の生き方

今日は、三回目(3年目)のご依頼をいただいたTさんと再会。

そしてそのTさんのご紹介の方とも初鑑定。

高輪のホテルも外国人が多くなったためか、とても綺麗にリニューアルされ、月曜日の静かなティーラウンジでの連続鑑定となりました。

ご紹介いただいた方は、常に挑戦し続ける若き実業家。男性ならではの視点と勇気と社会的野心をしっかり持っている人でした。

彼の成功は、迷う心を捨てること。

気分で迷う訳ではないのです。物事の表裏は一体であるのですが、生まれ持った命式に表裏の両方があると、何かが起きたりしても、秤に乗った片方を捨てる事で軽くなり、空いた方に新しく載せるものを探し、置き換えれば体制は整います。

臨機応変に対応できるのが強みながら、切り捨てたものが幾つもあると、何処かに気持ちの上で割り切れないものや、納得感が薄い面があります。

迷うなと言うのは一つに絞り専念すること。仕事も恋愛も人も。簡単そうに思えて、混雑している人にはとても難しいことなのです。

ですが、今は目立つ星が味方している運気。
二年前の後半から転換期を迎え、混雑は変わらずあれど、これまでをしっかり見極める力と希望が溢れ、またそうだからこそ、TVに取り上げられたり、明るさと希望が力強い足音を立てながら近づいてきているタイミングでした。

自分で起業し頑張っている人は、運に敏感です。

頑張っている中でご縁をいただくことに、本当に感謝する日々。実践での苦労も努力も、漢字にしてしまえばたったの二文字ですが、その長い長い時間のもたらすものは、果てしなく尊いもの。

誰にもわからない中での葛藤の中で、爽やかに語らう時間ができた時が、私も幸せなひとときになります。

ご縁に感謝です。




ひな祭りの女子会茶会しました。



2017年1月29日 (日)

接木運と羊刃を乗り越えて

今日、ご紹介からご縁をいただいた女性は、マラソンの有森裕子さん似の、もちろんもっと若いのですが、余計なものを排除した自然な美しさを持った人でした。ナチュラルで、静かな語り口調の中に、キャリアを積んできたビジネスウーマンとしてのキラリと光るものを湛えてもいました。

30歳で接木運の分岐点を通過して、ご自分でも怖いくらいに順調すぎるそれまでから、真逆の人生を味わった人でもありました。

仕事もプライベートも。

なぜ今のタイミングでご縁をいただいたのかは、すぐにわかりました。接木運のあとの苦難の10年が今まさに終わり、新しい運気が始まる一週間前の出逢いでした。

人は辛いことがあると、この苦しみは何を意味するのか、本当にこれで良いのか、なぜ、こんな辛い思いをしなければならないのか、自問自答の中でもがきます。

ですが、それこそが、新しいスタートを迎えるための禊。辛いからこそ、もがいたからこそ、勇気を持って決断して、大切なものとお別れでき、数年後に振り返った時に、良く頑張ったなと、ゆっくりと噛みしめる時間が訪れます。

この女性は、羊刃という龍のように吉凶の波が強い人ですが、上昇すればスポットライトを浴びるだけの資質が十分にある人。

節分後から始まる新しい運気は、これまでよりずっとずっと明るく強く、頑張ることの意味もチャンスも与えてくれます。

言葉を噛みしめるように、静かな語らいの時間でした。頑張る女性は、美しい。
Hさんへ、もうすぐ春です。



2016年12月31日 (土)

2017年の運勢掲載しました

何とか今年中に間に合いました。
2017年の運勢

皆様、どうぞ良い新年をお迎えくださいませ。

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Time

  • ブログパーツバイク買取ネット大阪のホームページ制作レーシック手術情報サイト

おいしいワイン

  • 大切な日のワインからデイリーワインまで豊富な品揃えの ”The Party!”
    e-shop WINE MARKET PARTY

海外ホテル予約なら

  • ここ↓
    人気14都市のホテルが最大60%OFF★エクスペディアの直前割引

最近のトラックバック