« 占い業界という場所 | トップページ | 家飲みでほろ酔い »

2018年7月12日 (木)

社宅跡地にできるもの

湿気はありますが、強い日差しから解放されて、本日はじいやは近所のカフェでランチを。

私は商店街まで下りて、お盆の準備にお花屋さんや果物屋さんへ。

最近できたイタリアンに入って、ランチしています。
じいやは商店街まで歩くには、少し大変で、25分くらいかかっていまうので、この暑い日々に、それをやってしまったら、完全に干物です。

一緒にランチ、とはなかなか出来ない日々ですが、家でなら簡単なお素麺とか。
食べる内容よりも食べる時間が大事。

最近の心配は、耳が良かったじいやが、急に遠くなってきたこと。そして時に、今入ったトイレを忘れてまた入ろうとすること。

やり終えた感覚があっても、頭の中はまだ始まっていなくて。
でも、そんなに出るはずもなくtyphoon

今、行ったよ

と言っても、

行った?そうだった?

と、❓❓

しかし5分くらいして、お手洗い行く?

と聞くと、

いいよぉ、出ないもん。と笑う。

これからだなぁと、少し覚悟を新たにしつつ、出来るだけ日常を変えずに、笑って誤魔化して、なんとかなるさの毎日です。

夫が本当に良くやってくれて。

最初は、自分の父が年老いて、少しずつおかしな状況になりつつあるのが、頭では分かっても心が着いていけず、しっかりしてもらう方向ばかりに気持ちか行っていた夫も、少しずつ、感情を抑えること、変わり始めた父の現実を受け入れ、正すのではなく、促すように、かなり優秀になって参りました。

そんなじいやとの時間を過ごすうちに、やっぱり老後生活をどこでどのタイミングで過ごすか、夫婦の話題にもなり、適切なタイミングがいつかはわからないけれど、二人元気な内に、お世話になる方法、場所とか話したりしていたのです。

さて、ここからがブログタイトルの本題でございます。

そうしたら、自宅前の某大手企業の社宅だった1000坪の敷地に立つ建物が、いよいよ壊されはじめ、何と、有料老人ホームが来年末には完成するとの貼り紙が。

あー、私達の将来の住居ができちゃった。

慣れ親しんだ場所、しかも目の前に移住計画。

家を売ってもいいし、貸してもいい。

とにかく、あそこが超第一候補になってしまいました。先は長いけれど、入るかどうかもわからないけれど、次の居場所が、ポーんとプレゼントされたような気がしています。

まずは、夫から先に(^^)

私はその後で。(^^)(^^)

じいやに、私達の終の住処が出来ると言うと、笑っていました。

じいやも最悪な事態になったらお世話になるかもしれません。
本人には内緒の内緒ですが。
どんな内容かはまだ分かりませんが、準備するには十分な時間ができました。

ご先祖様のお陰。
亡き義母が守ってくれている気がしています。

ほおずき、買って帰ります。




このプリン、美味しい

« 占い業界という場所 | トップページ | 家飲みでほろ酔い »

ブログ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542912/66932276

この記事へのトラックバック一覧です: 社宅跡地にできるもの:

« 占い業界という場所 | トップページ | 家飲みでほろ酔い »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Time

  • ブログパーツバイク買取ネット大阪のホームページ制作レーシック手術情報サイト

おいしいワイン

  • 大切な日のワインからデイリーワインまで豊富な品揃えの ”The Party!”
    e-shop WINE MARKET PARTY

海外ホテル予約なら

  • ここ↓
    人気14都市のホテルが最大60%OFF★エクスペディアの直前割引

最近のトラックバック