« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月27日 (水)

神田付近で、一杯や二杯

昨日は、ネイルグランプリの後の懇親会は遠慮させていただき、会場のあった神保町から一駅、地下鉄で移動しまして、夫の職場近くで待ち合わせしました。

夫が毎日通っている駅を、しげしげと見ながら。

せっかく来たのだから、たまには変わった店に行こうと、連れて行ってくれたのは「UZU」という小さな割烹

若いスタッフ三人でやっている小さなお店ですが、誰もお客様がいません。
二人でゆっくりと居心地の良い店内で、おつまみとお酒を飲んでいる内に、家にいるような空気になりました。

このお店は、日本のファーストレディのお店。
一時は大変な騒ぎでしたが、お店はいたってシンプルで家庭的な料理と雰囲気でした。

帰りがけに、「頑張ってくださいね」とお声かけしたら、

「ありがとうございます!」

と、店を出て角を曲がるまで、お辞儀して見送ってくださいました。

味は家庭料理、素材は良い。
コスパは、まぁ、しかたありません。

報道がどうであれ、現場はみんな一生懸命です。

私はこの街で、一度は行って見たかったお店が、実はありまして。
それは百年続いている居酒屋、建物も百歳。

「みますや」

というお店は、大衆酒場ですが、本当に活気あふれて、火曜日というのに人がいっぱい。

じいやの事も気がかりで、途中で電話したりしながら、いつまでもはいられませんでしたが、30分だけ雰囲気を味わって帰りました。

6時からの楽しい3時間でした。

今度は最初からこっちにしよう。








2018年6月26日 (火)

ネイリスト達の祭典

ネイリストによるネイリストのための、ネイルグランプリ

お誘いいただいたのは、グランプリ主催の社団法人理事長である由雄顕一さん。

なぜ、このグランプリがあるのか、必要なのかは、その歴史もさることながら、今の日本の政治経済の影響の底深さも大きいけれども、他責を辞めて、意識改革を促すためにも今出来る一つの取組なのだろうと思いながら、聞き入っていました。

長すぎたデフレの中で、華やかさと裏腹にある、いわばブラック化したサービス業界の価格破壊、過酷な労働と反して見合わない条件。

経営者の質、サービスの質、お客様の満足度を上げ、価格も正当なものに。

本来あるはずの姿勢に戻すために、進化するために、業界を底上げするために立ち上げたものが、このグランプリ。高く厳しい理念の元に、このイベントは継続されています。

トヨタ自動車の豊田章男社長が、必ずマスコミに伝えて欲しいと会見された内容も、根幹には通じるものがあると感じます。

税金の高さ、支払うべき負担の大きさが、車を若者から遠ざけている現実。政府に働きかけても、なしのつぶて。支払うべきは、企業ではなく、それを利用する個人。大卒新入社員の初任給は、税引き後で平均17万前後。二年目は更に税負担が大きくなり、16万前後。

そんな中で、何にお金を投じるのか。
全てのサービス業に共通する労働力の低下と、頑張っても頑張っても上がらない報酬と。

一つの会社や個人事業主が、安くなりすぎた日本社会の物価、人件費に、小さな一石を投じ、どれくらい時間がかかろうとも、適正価格とサービス向上への是正に真剣に取り組んでいく。

この姿勢は、時代を変えるための礎にきっとなる、そうなっていただきたいと、心から感じました。

サービスと価値と報酬のリバランス。

私も自分の仕事を振り返り、できること、出来ていないこと、ゆっくり考えさせられた時間でした。

頑張っている人が豊かで、未来に希望を見出せる世の中に。それは、まずは一人の小さな努力と意識の改革から。

グランプリを受賞された方々に、心からのお祝いを。
おめでとうございます🎉🎉





理事長

若き板前さんと

昨日、ご縁のあった人は、まだ23歳という、若き女性の板前さん。

可愛い容姿に似合わず、凛とした強さと、18歳から腕を磨いて来た自信と、将来の希望に満ち溢れていました。

眩しいくらい。でも、若さゆえの迷いや先行きへの不安も少し。時々、涙ぐみながらも、明るく元気に笑顔で締めくくれました。

自分の店を持つには、あと数年。
しかし、必ずやり遂げる気迫と行動力を感じました。

若いって、それだけで素晴らしい。

ずっと見守って行きたい出会いでした。
ご紹介いただいたTさん、ありがとうございました。

さて、本日はネイリスト達のグランプリ。
投票権を持っての参加です。

華麗な世界にいて、切磋琢磨している人達にパワーをいただいて参ります。

暑さに負けず、頑張りたい。

会員の皆様への三カ月予報は、明日までには全員の方に送付予定です。まだの方、もうしばらくお待ちくださいませ。

では、行って参ります。



帽子が活躍中。

2018年6月22日 (金)

暁を迎えて

今日は、会員のSさんのブランド展示会に、神宮前まで行って参りました。

この数年、本当に大変な状況をくぐり抜け、時には戦いながら、時には家族の犠牲や、人との別れなど、たくさんの事をこの数年で全て経験もしたのです。

もうこれ以上は難しいかもしれない、という、ギリギリのタイミングで、時代が味方してくれました。

味方になったのは、日本ではなく、中国の若者達の先進的な意識改革と、市場の変化でした。

昨年末、このタイミングしかないというタイミングで、彼が起こした行動が、ミラクルな今を生み出しています。

夏には、ニューヨークでのデビューも。
何度となく伺った彼の展示会も、今年は今までのどの時より新鮮で力強く、霧が晴れた暁にも感じました。

継続は力なり!

これからが益々楽しみです。





2018年6月21日 (木)

出会うと言うこと


サッカー、メルマガに書いたように、監督交代効果のある結果になり、とにかく初戦突破で何より。

次も頑張っていただきたいですね。

今週はお客様の展示会や新しいご縁などで、スケジュールも埋まりましたが、占い原稿も無事に入稿できてホッとしています。

気がかりだった懸案は、結果的には生み出すものはなかったものの、人と人を繋ぐ事の難しさ、互いの立場、考え、思いやり、相手に対する信頼や感謝の気持ちがあるかないか、そういう観点で思うこと、勉強にもなったような気がいたします。

物事は、一方だけではわかりません。
なぜそうなってしまったのか、そこまでになる前に回避策はなかったのか、相手だけが悪かったのか、自分には一切の否はないのか。

自分の姿、言葉、態度、それは自分ではなかなか客観的には見れませんが、出した言葉は思いがどうであれ、それはもはや相手のもの。

いつどんな時でも、人を大切にしなければ、その先はないのです。一期一会。
心に刻んでいきたいと、思いを新たにしています。

人って、難しい。
でも、私もその人なのだから、いろんなことを否定するよりも、肯定して歩みたい。
他責ではなく、自責の念を忘れずに。

とりとめないブログになってしまいました。

明日は会員の方の展示会、楽しみです。



ワイン、飲んでおりまする。

2018年6月20日 (水)

セラーがやって来た

冷蔵庫にいただきもののワインや、自分用に買ったワインが溢れてしまい。

かねてから悩んでいたワインセラー。



10年早いわよ!



夫が買えばいいと言ってくれたので、買っちゃいました。

我が家に、ワインセラー


うーん、
バブル時代のような派手さでございます。
我が家は全くバブルではございませんが。( ̄▽ ̄)




時々行くワインショップのソムリエさんが相談に乗ってくれ、しかも今はバーゲンと言うではないですか。

凄く高いのかと思ったら、全自動洗濯機とさほど変わらないのにびっくり。
そうか、セラーは家電なのだと。

長年、我慢して冷蔵庫のスペースをやりくりしていた年月は何だったのでしょうか。。。

キッチンではなく、リビングに置いて眺めようという夫の言葉ではありますが、入っているワインは、デイリーワインばっかりです。

ソファに横になって、開けたらそこにワイン。
気をつけないと、全部なくなったりして。

とにもかくにも、我が家にワインセラー🍷

幸せ❤️



2018年6月16日 (土)

金沢で一休み

10日から一泊で女子?4人旅に、金沢に行って参りました。長年の付き合いではあっても、旅行は初めて。

チケットとディナーの手配は、私が。
ランチや行きたい場所など、観光はそれぞれ思い思いにリクエストして。

ゆっくりお話ししながら、女同士はいつもご機嫌で楽しい。(^^)

帰りも最後まで抜かりなく、お土産を買った後に、金沢の締めくくりにビールと治部煮で。

あまり決め過ぎずに、行き当たりバッタリで移動してのゆったり旅行は、大満足でした。

更に、金沢は雨の予報でしたが、傘の出番はなく、二日目はお天気にさえなりました。

もう一つ、素敵なサプライズが。

東京駅に着くと、なんだか警察やSPらしき人で、通路が開けられ人だかりが。

有名人にしては、あまりにものものしいけれど、若い人がいるわけでもなく。

程なくして、いらしたのは、

なんと、天皇皇后陛下。

立ち止まり、ゆっくり手を振ってくださいました。
天皇としての最後のお仕事を終えられての帰路に、偶然にも同じホームから出ていらしたのも、奇跡のようでした。

いい思い出になりました。

留守をしっかり守って、じいやのケアをしてくれた夫に、まずは感謝です。

お仕事も帰ってから早々にあり、こちらも感謝。

幸せです。








2018年6月 6日 (水)

世界のやまちゃんもどき

暑かった日もあっという間に過ぎ去り、今日から梅雨入りしたようです。

雨ではありますが、じいやは本日、デイサービスに参りました。三時間の筋トレ中心メニューに、お茶とマッサージ付き。(^^)

私は束の間、近所のカフェへ。

そうそう、月曜日は暑い日でしたから、ビールが飲みたいなぁと思いながら、お仕事を終えて帰宅。

そしてビールのつまみに、世界のやまちゃんの手羽先、食べたいなと思い出しまして。

やまちゃんレシピは知りませんが、私流の手羽先もどき、簡単なので、ついつい作っては、食べすぎてしまいました。




作り方は簡単。
私は手羽中が好きなので、手羽中(骨つき)2パックくらいに、酒、醤油各大1を揉み込んで1時間くらい馴染ませたら、小麦粉をはたいて、170度くらいの温度でカラリとじっくり揚げます。

砂糖、みりん、醤油を混ぜて甘辛ダレを作り、用意しておきます。砂糖が溶けなくても大丈夫。
ざっくり合わせて、揚げた熱々の状態でタレに絡めて、バットに取り、揚げて、ダレにつけて、バット。

これだけです。

10分くらいすると、味が馴染みます。
後はお好みで黒胡椒や、ゴマをふり。


かぶりついてください(^^)

暑い季節にどうぞ。
酢の物を添えて。

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Time

  • ブログパーツバイク買取ネット大阪のホームページ制作レーシック手術情報サイト

おいしいワイン

  • 大切な日のワインからデイリーワインまで豊富な品揃えの ”The Party!”
    e-shop WINE MARKET PARTY

海外ホテル予約なら

  • ここ↓
    人気14都市のホテルが最大60%OFF★エクスペディアの直前割引

最近のトラックバック