« 気になるカップル、有吉弘行さんと夏目三久さんの本当のところ | トップページ | 三回忌が終わり »

2016年8月27日 (土)

親子

また台風が接近しているようです。
土曜日、如何お過ごしでしょうか。

先週から今週にかけてのご相談は、親と子に関わることが根に強くあるものでした。

親子といえど、誰もが愛に溢れて情愛を素直に与えたり受け止めたりが、ごく自然にできている人ばかりではありません。
普通なら、たとえ喧嘩してもシコリの残らないのが血縁の持つ強い絆と思うのです。

しかし、そうではない親子もたくさんあります。
特に母と娘の関係は、非常に難しく、他人だってそんな仕打ちはしないだろうと驚くような経験をして、親子断絶もできないまま、なるべく接点を少なくできるようにしている女性も多い。
この場合、娘の方が受けた傷は深く、母は母で、理解されない自分の愛の形に気持ちが荒む。

悲しいですが、非情でいる事が救いになる人達も、世の中にはいらっしゃるのです。

切っても切れない縁は、兄弟姉妹ならそれぞれの家族を持つことで、割り切ることもできますが、親子は常に片隅にあって、大変だからこそ出口の見えない不安も根強い。

いつか、いつの日か、この母も母なりの理由があって、こういうスタイルでしか子供に接することができない哀しい人であった。私と言う子供が出来たことで、それでも少しだけ自分を鍛えられたのかもしれない。

仕方ない、今は無理でも、恨み節はやめて、許せる時まで待とう。そんな風な優しい気持ちになれる時が必ず訪れますように。

親子の断絶がある反面、女性は自分の子供を心から欲しいと願い努力している人もいて、親と子の絆とは何か、考えさせられる内容でした。

それでも思うのです。
ずっと今が続くことはなく、必ず変化しなければならず。その時に、自分の気持ちにもお別れが来ると。
その時に、心からの解放を。

もう少しだけ、嵐の中でも自分を大切に歩んでいただきたい。いつか、あんなに大変な時期があったなと。しみじみ思う優しい時間の訪れを願いつつ。




« 気になるカップル、有吉弘行さんと夏目三久さんの本当のところ | トップページ | 三回忌が終わり »

ブログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542912/64117305

この記事へのトラックバック一覧です: 親子:

« 気になるカップル、有吉弘行さんと夏目三久さんの本当のところ | トップページ | 三回忌が終わり »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Time

  • ブログパーツバイク買取ネット大阪のホームページ制作レーシック手術情報サイト

おいしいワイン

  • 大切な日のワインからデイリーワインまで豊富な品揃えの ”The Party!”
    e-shop WINE MARKET PARTY

海外ホテル予約なら

  • ここ↓
    人気14都市のホテルが最大60%OFF★エクスペディアの直前割引

最近のトラックバック