« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月31日 (日)

遠雷も・・・

すっきりしない夏が続いています。
東北地方の豪雨は、日頃の安全対策や訓練のお陰で人災は少なかった様です。

それにしても、今年は日本がいじめられていますね。
でも、不思議とだんだん逆転に転じて行っている様な気配も。

円高、天災、こんな大変な年になるなんて、やはり辛卯の年は激しい変化の年です。

涼しくなりましたが、また蝉が引っ込んでしまいました。
夏らしい夏が戻って欲しいものです。

明日は8月。
8月の運勢は明日中に掲載予定です。
お楽しみに。

それでは、また。



今朝はワンプレートの朝食。

Img_2975

TVでやっていたロブション風の目玉焼き。
最初にバターと塩こしょうを引いて、その後
静かに卵を落として弱火で5分。
確かに、美味でございました。

Img_2977_2

いただきますrestaurant

2011年7月30日 (土)

コーラスライン

昨夜は、感動がいっぱい詰まった夜でした。

まず、赤坂の地は私にとっても、夫にとっても縁が深い地で、久しぶりに来てみると千代田線赤坂駅周辺はずいぶんと変わっていました。
赤坂通りと一ツ木通りの交差する周辺は、特に。
早くに会社を出て、待ち合わせの時間まで夫は一人散策して、懐かしんでいたようでした。

時間があったので、まずは冷たい飲み物と軽い食事。

Img_8529_2

そして、ミュージカルのあるACTシアターへ

Img_3581

金曜日の夜。
このミュージカルは、ブロードウェイを夢見るダンサー達のオーディションの場面を主軸に、れぞれの人生が詰まった物語。
コーラスラインとは、主役の後方で踊るダンサー達の、これより前に出ては行けないという見えないライン。コーラスが一列にきれいに並ぶ為のラインだけの意味ではなく。

(と勝手に解釈しましたsweat01本当の意味は違うかもしれません)

コーラスとスターを隔てるラインで、そこからスターへの道を目指して行く夢と絶望と苦悩を描いたもの。
最後は何とも言えない華やかさと躍動感と感動の嵐。
夫も感動したようで、喜んでくれて私も満足。ささやかな夫へのプレゼントとなりました。

その後、2件はしご。

ミュージカルが終わった後に入った、懐かしい韓国料理のお店でオムニとの再会。
これが第二弾の感動のシーンになりました。
とても繁盛しているお店で、名前は「おんがね」
女主のオムニは、金順子さん。
ここの料理は、本当においしい! 東京で一番おいしい韓国料理と太鼓判を推せるお店です。

長くなるので、ここからは次回に。

さて、楽しい休日を。
皆様も。





2011年7月29日 (金)

朝から

雨曇りの金曜日となりました。

今朝は5時過ぎに起床して、雑多な家事を済ませて、8時からパソコンに向かって宿題やもろもろと向き合っております。

今日は午前中が勝負です。
午後からは、じっくりと作り込み作業を進めて、夕方5時には家を出ます。

今宵は、ミュージカルを見に赤坂の夜を堪能する予定です。
その前に、やるべき事に一定の段取りが付けなければ、すっきりとしませんので、頑張ってみたいと思います。

楽しみの前の一仕事。
馬と人参でございますわね。
わたしらしい。こんな時、沐浴が強くでます。
日頃は長生で生きていますから、のんびりする時は本当にのーんびりして、動きません。
今日は、夕方まで沐浴気質で。

夜は長生でバランスを取って楽しみたいと思います。
それでは、また後ほど。



Img_2967

今日もいないの?
グレちゃうわ〜

2011年7月28日 (木)

昨日は久しぶりの授業でした。
講義中、今年初めての蝉の声。

昆虫は自然の摂理に従って生きているとの声で、やはり今年は異常気象なのだと思いました。それでも付近ではまだ一度も。
もうそろそろ8月になるというのに。
蝉時雨、暑い日になるという事でもありますが、やっぱり夏らしく、夏の生き物達の元気な声を聞きたいものです。

と書いている、たった今。

元気な蝉の声。初蝉ですheart01

良かった。ちゃんといつもの場所で鳴いています。

昨日は、久しぶりに終わった後でお仲間とティータイム。
お祝い事が隠されていたり、相性実地検証したりと、気がつけば2時間。
9月までしばらくのお別れですが、楽しい時間でした。

今日は、午後から打合せ。

水分の取り過ぎか、少々むくみがちな昨今です。
妹とダイエットの約束をしていますが、彼女は着実に2kg減。
私はまだまだ。

少し動きましょう。
来週から減量スタートです。


Img_2932

ワインも、しばらくグラス1杯にして。

2011年7月26日 (火)

自由が丘で

ただいま、自由が丘、2時50分です。
遅めのランチタイム。

今日は、ランチビール付き。
昼に一人ランチでビールなんて、ほんの数年前には考えられませんでした。せめて冷たいスプマンテとか、ワインくらい頂いていたかも。

それが、ビールでございますわ。

まぁ、自分へのご褒美。
ご褒美多過ぎですって?

そうですね。
神様、許してくださいませ。
明日からまたちゃんと頑張りますから。

1311660346375.jpg

いただきます。(^ ^)

1311660376877.jpg

自由が丘は、少し入るとこんな素敵なアンティークショップがあったりして、嬉しくなります。

古いものは大好きですが、家に持ち帰るのはダメなわたし。西洋の古い鏡なんて怖くて。
その時代の良さを感じたり、見たりするのが好きです。

昔からよく夢をみます。
余地夢のようなものもあり、金縛りや、死んだ人の夢など、フルカラーで多彩。

目覚めたくありませんが、夜中に背中がゾクゾクとか。珍しい事ではありません。

怪談ばなしをするつもりはありませんので、ご安心を。

さて、パスタがきました。
いただきます。

Img_3226

猫目覚まし

このところ、以前の様な猛暑が落ち着き、良い風も入って過ごしやすい日が続いています。
カノンは、そのせいか、元気モリモリギャルに変身復活の日々。

朝、4時。
起きなさいコールならぬ、起きてよと泣き、ブラインドガリガリで強制的に起されて、まずはベランダを解放。その後5時半に夫が起きて、カノンの食事とトイレ掃除。
それからじいやのところに行き、その後玄関のドアにへばりついて、大声でおたけびを5分間。

近所のにゃんこも仲良く眠っている時間なのに、カノンだけ。

夫は6時45分に家を出ますが、その後は私のベッドの枕元に居座り眠り続けます。
只今、爆睡中。こちらは、睡眠不足。
このギャルは、いったい何時になったら大人になってくれるのでしょうか。

今日は午後から久しぶりに自由が丘を散策してみたいと思います。
久しぶりに何の予定も入っていない、自由な時間です。

カノンの予防接種もそろそろ。
キャリーも古くなり、以前無理矢理入れたらものすごく嫌がって、もはや見るだけで逃げる為、可愛いものがあったら見つけてみたいと思います。
車嫌いのカノンですから、考えただけで病院に連れて行くのに痩せる思いです。

ご近所にもあるのですが、歩いて10分。
どんな感じかも解りません。
信頼できる先生のところにどうしても向かってしまいます。
車で10分を選んでしまいます。

やれやれ。
毎年大仕事の病院です。

さて、それではそろそろ出かけましょうか。

Img_4867

ほら、もうすっかり朝よ。
朝ご飯もしっかり食べなきゃね。

Img_0785

早起きは三文の徳よ。
明日も起してあげるから。

みなしゃん、
カノンの
甲高くて
大きくて
しつこい泣き泣き
コールいかが?

いりましぇんって? 残念でしゅわ。



2011年7月24日 (日)

ヘルペスかと思っていましたが、どうもマンゴーアレルギーだった様です。
ご心配おかけしました。
コメントやメールもいただき、ありがとうございました。

マンゴーは、漆科の植物で、種の部分にその成分があって、食べる時に接触してしまうと漆アレルギーの人には、出るらしいのです。

「ヘルペスじゃないな〜、何だろう、何かのアレルギーかな〜」と

近所の若いお医者様。

「一応、薬出しときますね〜」と、飲み薬。

何のアレルギーかもわからず、飲み薬。
いただきましたが、飲みませんでした。薬代だけ無駄でしたが。
ならばと、自然治癒に変更。

少しかゆみがありますが、オロナイン塗ったり、洗ったりしていたら良くなってきました。

「種でもしゃぶったのか?」

「そんないやしい食べ方したのか?」 
と笑われてしまいました。夫に。(屈辱的ですわね〜)

ワインをたくさん飲んで、なでしこジャパンの試合の再放送を見ながら、マンゴーを一個丸ごといただいたのが、原因ですね。
ワインとフルーツは合うのですよ。でも、反省反省。

今日で地デジに変わりアナログ放送が終了しました。
時代の移り変わりですね。昭和から平成に変わった時のように。

ますます情報過多の時代。
twitterもfacebookもアカウントは持っていますが、その活用法よりもどの情報をどう受け止めるか、溢れる情報について行けない古い昭和女です。

結局、自分の思考や価値観が許すものしかインプットできず、そうでないものはどこかに泡立つ感情を覚えます。
無用な情報入手が知らず知らずのうちに入る事って、大切なのかしら?
と最近つくづく感じます。そのうちに止めてしまうかも。twitter。

このところ、本を良く読んでいます。
陰陽五行を習い始めた頃に、師匠に勧められた 「知命と立命」
たくさんの事が書いてありますが、自分の指標となる本を一冊持つ事を書かれていました。

何かあった時、自分を原点に戻して、バランスを与えてくれる本。
わたしの本はどれだろう。
これという本はないけれど、自分を立て直したいとき、本をたくさん読んできました。
だいたい、古い著書が多い気がします。

慰めてくれる優しい言葉より、ぐさっと喝を入れてくれる本が私には合っている気がします。

さて、何の本を読みましょうか。(あ、たらこ唇は元に戻りましたsweat01



Img_2936

今朝は、簡単さっぱり、おしんこごはん。
卵入りお味噌汁。

Img_2939

ゴーヤと茗荷の酢の物
苦みが嫌いな方は、ゴーヤをさっと湯通しするとイケます。
(鰹節がポイント)

Img_2935

らっしょうの浅漬けもおいしくなりました。

2011年7月22日 (金)

誰?

昨日は、お昼に義妹と姪がお線香あげに来てくれました。

パインと白桃を出してあげて、その後お昼。
途中、姪のお腹が痛くなって慌てて帰しましたが、もしや何か菌でもとハラハラしました。
ただの胃腸炎だったらしく、今日は元気にお台場に行っているそうで一安心。

と、安心していられないのが、わたくし。

昨日夕方から何となく調子が良くなく、唇にプツプツ。
今朝、鏡を見たら、アンジェリーナジョリーが。

言い過ぎました。

もとい、タラコ唇のわたくしがsweat01

午前中、宿題を済ませ、鑑定三件済ませて、ただいまから近所の皮膚科です。
たぶん、口唇ヘルペス。

魅惑的な唇を通り越して、タラコです(−_−;)

ついでに、大人ニキビも直していただきますか。

ただいま、午後2時20分。 さて、お医者にいきましょう。 マスクつけて。
おっとーしゃん、私一人でアップルマンゴー食べてごめんなさい。
たぶん、それですわ。

今日はこの後、メール鑑定を終えたら、本日の業務終了です。

それでは、また腫れが引いた頃に。


1311312388450.jpg

...まったく〜。

2011年7月21日 (木)

粛々と

夏の陽気から一変して、逆戻りの肌寒い日となりました。

今日は、一日机に向かう事になりそうです。

本日は、土用の丑の日。

うなぎの日ですが、暑いからこそおいしいうなぎ。
我が家では、昨夜一日早くいただきました。

さてさて、宿題がみっちり。
そろそろ本腰を入れて参ります。

みなさまも、今日一日頑張って乗り切っていただいて、おいしい鰻、どうぞお召し上がりください!

それでは、また。

Img_7495

おっとしゃんの脱いだTシャツ
汗の匂い

Img_5361

でも、カノンは好きなの。
この匂い。むふふheart04

2011年7月20日 (水)

秘密はうたう

昨夜は、夫と待ち合わせて観劇に行ってきました。
友人からの招待でした。

新宿の紀伊国屋サザンシアター。
演目は、ノエルカワードの戯曲、「秘密はうたう」

村井国夫の主演でしたが、舞台でコース料理を食べるシーンがあり、魅力あるディナーシーンに感嘆。
村井さんという人はTVで良く拝見しますが、本当はとてもうまい役者さんなのだな〜と、驚きとともに認識も新たにしました。
洗練された動き、良く通る声、演技の自然さ。長年の役者魂というものを、失礼ながらはじめて感じました。

この戯曲は有名なものでしたが、日本用にアレンジされた演出が、ちょっとだけ盛り上がりにかけていたのが残念なところ。妻役の存在はこの舞台のキーポイントでしたが、最後のそのメインシーンが、物足りなく感じました。

とはいえ、初老を迎えた大人の夫婦の絆、若い頃の苦い思い出、など随所に盛り込まれていて、久しぶりに大人の舞台を楽しませていただきました。

来週末は、ブロードウエイミュージカルを観劇予定です。
これは、わたしから夫へのささやかな感謝のプレゼント。
NYの本場に行って観れないかわりに、東京への来日公演。
楽しみです。

さて、今日は午後から打合せ。
台風が来ているようですが、まだ静かです。

それでは、また。

Img_0578

今日もお出かけなの?

Img_1102

寝てる間に、帰って来てね。








2011年7月18日 (月)

祝!大和女子

ひとこと。


めでたいですね〜。

おめでとうですね〜。

撫子なんて、呼んで欲しくありませんね〜。

何でもエンタメにしてしまう取材はやめて、本気のプロとしてのインタビューが欲しいデスね〜。

黙って、耐え忍ぶ。

狙って諦めない。

ここ一番、信じ入魂。

おめでとうございます。

嬉しい、嬉しい祝日です。


1310991963800.jpg

あたちにもご褒美あったわ。
もっと活躍してね、撫子のみなしゃん。

2011年7月16日 (土)

夏の節目

暑い日でした。

送り火を焚いて、お盆も終了です。

月明かりが、このところものすごく綺麗です。

今日は西陽対策に、家中の観葉植物を集め、いくつか買い足して置きました。
眩しさが和らいで、照り付きを抑えてくれます。

頑張って助けていただく変わりに、お世話しましょう。
今日はこれで。
お休みなさい。


1310824355570.jpg

ここだけ、強い西陽。

1310824357351.jpg

鳥さん?

2011年7月15日 (金)

高嶋カップル

高嶋政伸さんと美元さんの離婚説が騒がれています。
気になるカップルとして、掲載しようかなとも思いましたが、もう既に結果がでてしまっているので、ブログ上でちょっと、書いてみたいと思います。

二人とも、羊刃を持ったエネルギーの強い持ち主。
高嶋さんは、かなり欲が強くその手法も徹底して温和な態度を崩さず、本心を見せずに、相手を操縦してしまう人ですが、ひとたび、好きになったら一途にのめり込む人です。しかし、結婚生活に入ると、妻との関係にストレスを感じるようになります。家庭では外での温和さは消えて、かなり頑固で我が儘な一面が出やすくなる人。もともと、財を壊してしまう星が強い人ですから、共同での生活は、よほど相性が良いか、正官の運が強く巡ってこないと難しい面があります。
しかも、彼の現在の運気サイクルは、苦労の絶えない悪い時期の出会い。
特に結婚の翌年の2009年は、激しい夫婦喧嘩が耐えず、怒り心頭。嫁姑問題もあったのでは。昨年の10月から運気が変わったのを機に、去年から離婚を決意していたのでしょう。

一方で彼女の方はもともと運のよい持ち主です。プロ意識も強く、エネルギーも強いので家庭生活だけに収まっているタイプではありません。なかなか度胸強い面もありますが、家庭ではかなり神経質で潔癖な一面がでやすくなり、神経の波があるので、パニック状態になったり、喧嘩をすると相手の欠点を言い連ねたり、長引く傾向を持っています。

家事でも得意な事とそうでない事が、はっきりとした人。その神経をうまくなだめてあげる大人の器量が彼にはなかったのでしょう。
彼女は、来年の6月から運気が変わります。

このお二人は、裁判中との事ですが、今年は彼の方の言い分が通りやすいですから、離婚するでしょう。もし、今年難しければ、来年6月には決着が着くと思います。来年の場合は、彼女の方のメリットが大きくなるでしょう。

二人とも、一目惚れという関係ではなかったと思われますが、もしそうなら時間が関係していたのでしょう。これからの運気は二人とも良い時期ですから、過去に捕らわれずに、新たな人生を歩んで行けば良いのだと思います。

時がめぐって出会って結婚されましたが、急ぎ過ぎた結婚と、相性的にも特に可もなく不可もない関係ですから、お互いを尊重してさやしい気持ちで育むという気持ちがなければ、運気の作用をもろに受けて、長続きしませんね。子供運のあった時だけに、もしお子さんに恵まれていたら、二人ともまた違った意味で成長して、離婚するような事はなかったのではないかと感じました。


さて、夫の熱も下がり、食欲も出て参りました。
お殿様扱いで、今日までは過ごさせてあげようと思っております。

明日から三連休ですね。
暑い毎日ですが、よい休日をお過ごし下さい。
それでは、また。


Img_9885

おっとしゃん、だいじょうぶ〜?
もちかして隔離されてるの?
しど〜いangry

Img_6679

あたちが看病するわ。
クーラー入っているからじゃないのよ。
ほんとよ。

Img_3764

お殿様のお食事。
好物の自家製ネギ味噌で。

2011年7月14日 (木)

梨園のジュニア(2) 中村勘九郎

名門市川家よりも古い歴史を持ち、中村家の未来を担う兄弟。

屋号は「中村屋」
(*中村獅童は現勘三郎の甥。屋号は「萬屋」)

中村勘太郎(2012年より、6代目中村勘九郎襲名)

M000327110615_3  

*生まれ持った個性*
恵まれた命の人。 財官印健在で、プロの命を持った根性の持ち主です。親子の関係も良く尊敬しているでしょう。何よりも、配偶者運がとてもよく、妻の力量や内助の功が運を上げてくれる人です。しかも、財運がとても強く時期が巡れば大きな財を手に出来る人です。
また、親以上の功績を残せる人として生まれています。

正直で人情家でありながら、愛想はよい方ではなく朴訥な人柄。
偏官Wの人ですから、自分なりのこだわり、偏屈さ、マニアックさがあり、何が何でも自分の考えで行動するところと、反面で内面の神経質さとデリケートな面が、周囲に理解されない事もありますが、独創的な着想力を持った人で、エネルギーにも恵まれています。

*役者としての手法*
表舞台の華やかな場所にいてこそ輝きを増し、俄然はりきって行けるタイプ。偏官らしい顔つきというのか、なかなかアクの強い芸は、軽さや華やかさのあるものよりも、味のある人情を売りにしたもの、または悪役があっているタイプといえます。色気には乏しい反面、時代や流行が求めるものに敏感ですから、何を演じるか着想力は豊かな人。出し物によってはその個性が生かされずに、ものたりなさを感じさせる傾向もあります。

能力の高さやプロ根性はなかなかのものがありますが、それを評価されにくいという印象がついてまわるのは残念なところ。しかし、運気の巡り次第でかなり良い立場に昇っていく可能性の高い人です。

*運気の流れ*
2009年10月を境に大きく変化を遂げています。結婚したのもこの時期ですが、それまでの人生から大きく変わっていく転換期を渡り終えて、いよいよ本格的に新しく人生をスタートする時に入りました。現在の運気は財運が活発な時ですが、意見の食い違いが起きやすく、そこから金銭面や人間関係でのトラブルが暗示されている時期ですが、一方でそのピンチがチャンスとなる事も暗示されています。相続も意味しているので、今年と来年は身内の健康には注意が必要な時期です。

今年はこれまでの事にけじめをつけて、新たな事に着手するときでもあり、引き立てられ運がありますから、勘九郎の襲名が決まった事もうなずけます。来年はふさわしいものを得る時。父親の健康と深い関係があっての襲名の可能性があったのではと感じます。
この運気では、2016年が注意の時。

この10年を経た後、2019年から彼の人生上最高の運気が巡ってきます。恐らく、この時期に相当な地位を得る事になると思われます。もしかしたら、父親の名を襲名するのかもしれません。
2019年までは苦心のある運気ではありますが、それを着実に乗り越えていった先に輝かしいスターの座が待っているでしょう。

夏風邪

夫が風邪を引きました。
日曜日辺りから咳が出始め、2日程前から喉が痛み始め、昨夜はあまり眠れていなかった様子。

この4日ほど、くすりを飲んではいましたが。

今朝、ガラガラ咳。
sweat01 しかも結構熱い。

しかし、会社に行ってしまいました。
会社の近くの病院に行くから大丈夫。
今夜は大事な会食があるけど、キャンセルして帰ってくると言いながら。

明日は強制休暇でお休みをもらっていたため、休む訳にいかないと思っていたのかもしれません。珍しく金曜日にお休みをいただいて、しかも本人も気がつかなかった4連休。

わたくしがそれを見逃す筈もなく、温泉heart04温泉heart04
金曜日の午後から、「お・ん・せ・んheart01」と言ってけしかけていたのですが、全くノリが悪くdown

結局、その時にその気になったら、見切り発車で行こう!と心に決めていたのですが、予約せずに正解でした。

友人が準備してくれる予定の演劇のチケットも、日程を変更してもらいました。

最近、節電対策でオフィスが暑いため、汗をかいてかえって風邪を引いたりする人が多いらしいです。

はて、夫は何時に帰ってくるでしょうか?
よもや、熱が下がって飲んでくるなんてことは???

と書いている途中、電話。
38度らしい。
これから帰ってくるとのこと。 2時前には帰宅できそうです。
会社を早退なんて何十年ぶりでしょう。

これで一安心。
さて、今日はゆっくり寝ていただきましょう。
白粥、炊きましょうか。
元気だけが取り柄のわたし(^-^;

みなさま、どうぞ体調にはくれぐれもお気を付け下さい。

Img_2965  
今度はおっとしゃん?
帰ってくるの?

Img_2959_2

ここにお布団しくの?
クーラーも入れるの?
マジ??

Img_2244

いっただき。
おっとしゃん、待ってるわよんheart01

2011年7月13日 (水)

年貢

今日も外は猛暑。
家の中は涼しい風が通っています。扇風機も必要ないくらい。

今日は授業の日ですが、所用もあり、エアコンの取り付けに業者がくることもあって、お休みしました。
我が家の寝室のクーラーは20年経過して、まだ健在。
弱でも、勢い良く冷やしてくれます。
エアコンではなく、クーラーのみだからなのか、とても活躍してくれました。
わたしも夫も眠る部屋が温かいのはあまり好きではなく、冬の暖房はなし。
(寒い寒いといいながら、じんわり温もるのが好み)

今は、クーラー単体のものなんて見かけません。
買った当時は、12畳以上を冷やす能力があって、28万くらいだったかなと思います。
クーラーだけにしては、とても高い買い物でした。

しかし、さすがに省エネの時代に入って、燃費もエネルギーの無駄も気にかかり、何よりも室外機からの火災が増えているとの情報もあって、思い切ってエアコンに変える事にしました。
暖房にする事はないとは思いますが、カノンの為に使うかもしれません。

カノンといえば。
昨日、午後3時頃になって吐き、見ると毛玉がほんの少し。
それでも、何度となく、胃液を吐いて苦しそうで、夕方まで不穏な泣き声とともに、胃液があがってくるのか、元気がなく、とても心配しました。
普通、一度吐いたら、あとはすぐに元気になるのがニャンコ。

カノンは、長毛ですがあまり毛が抜けません。抱いても毛がつく事はほとんどなく、お掃除しても抜け毛があまりないのですが、昨日は朝から何となく元気がなかったのです。

もしや、熱中症??
そういえば、朝は起しに来ませんでしたし、頭がいつもより熱い気がして、水も飲みません。すぐに病院に電話したところ、吐き気が夜も続くようなら、点滴するとの事。
吐き気がおさまるようなら、絶食して様子を見てくださいと言われ、水以外お皿は片付けて
今朝まで。

朝、5時25分。
いつものカノンに戻り、食欲旺盛。元気に後をついてまわり、ただいま爆睡中です。
元気になってほっとしました。
夫に、カノンは毛皮をまとっているんだから、いくら人間が大丈夫だからって、昼間のクーラーも時々付ける様にと、注意されました。

でもね〜、もともとクーラー嫌いなカノンだったのですよ。
去年なんて、クーラーの届かない廊下で寝てたりしたのですから。
でも、今年は、クーラーが好きになったらしい。
夜はクーラーの側。

まぁ、様子を見ながら調整しましょう。

さて、さて、かき氷でも準備しましょうか。

Img_5496_2

もしもし
あたちには
ないの?

ないのね、ごはんdown


Img_2949_2

もう大丈夫よ。
昨日は、ちょっと気持ち悪かったの
つわりじゃないのよ。

2011年7月12日 (火)

涼風

夏の盛りを迎えています。

昼間は入道雲
夜は月明かり。

昼夜の様子がくっきりとして、最近のお月様は明るく奇麗です。

夫のいる休日を除いて、今年は昼間のクーラーを付けずに過ごしていますが、風を感じるということをずいぶん無視してきたなと感じます。

いつもの夏は、だいたい閉め切った部屋の温度をクーラーで冷やす事だけでしたが、東西南北の部屋をすべて解放すると、信じられないくらい、風の道ができます。
自然の風と感じると、不思議と汗はかかず、暑さも感じません。

特に北側、東側の風はとても心地よく、思いがけない発見です。
今日は午前中は東風。午後から南風。しかも涼しくひんやりとした風です。
夏でも風があれば、涼しいのですね〜。大発見です。

猛暑の中の被災地。
目に見えない恐怖から住めなくなった人達。動物、家畜達。
いろんな事を乗り越えなければならない厳しい夏です。

せめて、明るい月が夜の涼しい風を運んでくれますように。

この炎天下でお仕事をされている方、冷房の効かないオフィスで汗をかきながら仕事をされる方、どうぞ体調の変化にはくれぐれも注意して乗り切って下さい。

明日はお迎え火。
先祖の魂も里帰り。

今日も粛々と課題に取り組んでおります。
それでは、また。

Img_2943

仏壇にほおずき


Img_2952

いないと思ったら、植物のシャワーの下

Img_2954

ここ、一番涼しいのよ

Img_2955

みなしゃん、夏バテしないでね!

2011年7月 8日 (金)

芸能界ー気になるカップル(5)

アイドルの中でも、トップを走り続けるSMAP。
その中でも、木村拓哉さんの結婚は驚きとともにビッグニュースとして報じられました。
それから長い年月が経過し、家族も増えて40代を迎えたお二人。
このビッグカップルの相性と今後を鑑定してみました。

〜木村拓哉さん〜 
1972年11月13日生

貴公子的な気品と教養、配慮のある態度や言葉使い、豊かな感性を見せる人ですが、実際はかなり頑固で、それほど器用な生き方の出来る人ではありません。
プロ意識は相当なものがあり、プライドの高さ、天性のカン、独特の価値観で生きている人です。技術力がありますから、どんな事でも習得できる手先の器用さ、俳優、タレントとしてのコツを掴むのが上手い人です。

しかし、感性が鋭いため、大局的に物事を見て悠然と生きて行けるタイプの人ではありません。人受けは良いですが、ちょっとした事件が起きるとかなりパニックになってしまう一面があります。短気でありながら、表面上の穏やかさはそのプロ意識とプライドのお陰でしょう。本来は神経過敏な人です。人情家ではありますが、人間関係は狭くあっさりとした関係を築いていくタイプ。

責任感が強いため、何事もきちんとけじめを付けようと言う意識が働く人ですから、子供が出来たという事の責任感、人間としてのプライドも結婚へと進むきっかけとなったのでしょう。目上からの引立てでのし上がっていくタイプではなく、現在の地位は、彼自身の努力と根性の賜物といえます。 キムタクとしての地位を確立するまでの苦労は、人並み以上の精神力の鍛錬とともに築き上げられたものと思います。

〜工藤静香さん〜
1970年4月14日生

几帳面で勝ち気な印象を与える人ですが、実際には女性らしい優しさや温かさがあり、透明感のある女性です。徹底してやり抜く根性と、経験を重視しながら、自分の人生の価値観を大切に一途に深く追求していく人です。 しかし、とても繊細な感性の持ち主で、精神的に傷つく事を恐れます。母性の強い人ですが、芸能人として生きて行くよりも、伝統的なものや芸術的なもの、専門性で生きて行く女性です。

彼女は、テーマがあってこそ活きる人。絵画の才能はそれを表していますが、その分野でかなりの功績を残せる運の強さを持っています。やや強引な手法が人から嫌がられる事もありますが、目的が定まれば、何が何でも獲得する力強さがあります。
彼女もかなり頑固で、好き嫌いもはっきりとしていますから、人間関係での苦心はあるでしょう。 相手を尊敬できなくなった時が、要注意。

〜二人の相性〜

この二人は、彼の方が工藤さんを気に入り、ぞっこんだったと思われます。
会ってしまった以上は、彼女の事が頭から離れず、かなり積極的。何よりも、お互いを本命と感じ合う関係で、しかもひとたび交際してしまえば、非情に結束力が強く一体感を感じられる程、仲良くなる関係です。 工藤さんは、最初は彼の良さをあまり感じられなかったかもしれませんが、次第に惹かれていき、年下の彼の意思に従ったのではと思います。

二人とも、対等な関係の配偶者像を持っていますから、友達夫婦の様な感じでしょう。しかし、お互いの性格や生きる価値観には接点がありません。このあたりのさじ加減がどのように響いて行くか。 また、結婚後は、彼女が彼のわがままさや利己的な一面をどこまで許せるか、尊敬心を持って行けるかどうかが鍵とも言えそうです。

〜今後の行方〜

二人が結婚した2003年は、木村さんにとっては接木運の後の結婚運、しかも子供も暗示していた年。自分の思った通りの成果が出せる運気の中での結婚ですから、順序がどうであれ、幸せな結婚生活をスタートできたと思います。

しかし、昨年2010年の11月から何らかの大きな変化があり、今年から新しい運気で生きて行く転換期を迎えています。これまでの10年間の順調さは陰りを見せ始める様になるでしょう。特に、自分以外の事で迷惑を被ったり、異性や夫婦間でのトラブルの暗示が出やすくなります。立場や地位の変化、目上との関係にも変化がおきてくる運気です。

一方、工藤さんも今現在はとても良い運気の中を歩んでいますが、2013年から新たな運気を迎える事になります。
そして、今年2011年はこれまでの事にけじめが付き、新たな一歩を踏み出すタイミングを迎えています。精神的に辛い事が起きる事もありますが、それが結果的に自分の意図していた事を始めるきっかけとなるでしょう。

離別、独立、スタートという意味のある年です。
芸能界復帰か、本格的に絵画の世界でのデビューとなるか、あるいは結婚生活にけじめをつけるかというタイミングです。5月にそのきっかけとなる出来事があったのではないでしょうか。9月は注意が必要です。

お二人の相関図を見ていて、相性の良い二人が、運気の変化を受けてどのように夫婦関係を生きて行くのか、今年2011年は、意味深い出来事があるでしょう。

木村さん:今年から新しい運気がスタートした事。2012年は試練の暗示である事。

工藤さん:今年は新たな旅立ちの年。2013年から運気が変わるが吉暗示である事。

(2013年だけは、子供の事に注意すべき年)

二人とも異性を意味する星が、それぞれ二つあります。
2回の結婚を暗示するとも言えますが、せっかく掴んだ良縁。
運気の影響も良い部分で活かしてほしいと願っています。

彼女の豊かな才能、良い運気、それを活かして行ける道を用意してあげること。
彼のこれからの人生に、運の良いパートナーが必要であること。

今年から来年までの間が、ターニングポイントと言えそうです。

*生まれ時間が不明なため、運気の流れは違うものになる可能性もありますので、
  その点は、ご了承ください。



Happy Dream

昨夜は七夕でした。
天の川は見れませんでしたが、何故かキムタクが夢に出てきました。

何とも変な夢で、わたしの家に彼が来て、寝ている夢!
現実にはありえない事なのですが、彼の表情というか何となく気になるものがありまして。

鑑定して見ようかしら? と思っています。
どういいう観点で見ようかなと考えていますが、気になるカップルとして、思い切って書いてみようかと思います。

このグループ自体が今年から来年は過渡期。
チャンスを迎えてはいますが、それは新たな旅立ちを意味している事にもなるので、グループ解散とか、個々の活動に全面的にシフトするとか、全員がそんな運気にあります。
トップアイドルとしてずっと走って来た彼らですし、ずっと頑張っていただきたいと願っていますが。

特にファンという訳でもないのに、あまりにもリアルな夢に出て来たキムタク。
何かの暗示かもしれません。

さて、とはいえ、今日は課題がたくさん。
じっくり楽しみながら書いてみますので、お楽しみに。

金曜日。
みなさま、一週間お疲れさまでした。
良い週末をお過ごしください。

それでは、また。


2011年7月 7日 (木)

なるなる

涼しい日となりました。
今夜の天の川は見れるでしょうか。

お星様、キラキラとお願いしたいものです。

今日は、午前中はちょこまかと動いていましたが、午後からパソコンに向かっています。
カノンは涼しいからか、爆睡です。

夕方前には外出して雑用をすませたら、今夜は七夕ディナー。
といっても、ご近所で。お酒がおいしいBARも発見。
酔いどれ天使となりますか、ただの酔っ払いとなりますか。
まぁ、今夜くらいは前者で参りたいものです。

最近になって、音信が途絶えていた人達から、メールや電話がかかってきます。
それぞれ、運気の波を感じているのか、何やら起きている様です。
シャバの世界から遠ざかってしまい、話がチンプンカンプンな事も多い昨今ですが、いろんな情報が入ってきて、大変だな〜と感じます。

”何とか生きていけるようになっているから 大丈夫!”

と、最近の決め台詞はこの一行、一言です。
友人達は、まぁ、そうよね〜と、出鼻をくじかれた様な感触を示しながら、妙に納得してくれます。

そう、何とかなるものです。
本当に、何とかなってしまうのですから、大丈夫!

縁が切れたって、次の縁が待っています。
クビになったって、時期がくれば仕事が巡ってきます。

お金と健康の苦労は大変なもの。それでも、誰かが救ってくれるかもしれません。
人の縁をどれだけ大切に生きているか、ピンチの時にその真価が問われるのではないかと思います。

人間ですから、思いがけず傷つけてしまったり、傷ついたり、そんなつもりじゃないのに、思ってもいない方向へ流れてしまったりと、ままならない事も多いですが、起きた事よりも、その後の対処が大切。
適切な処方箋を出してくれる味方をつけましょう。

表面から見て幸福な人でも、本当に幸福かどうかはわかりません。
駄目だと思っている人が、家庭に帰ればその人を大切にしてくれる家族がいたり、親子の仲がよかったり。

人の幸福は、仕事を終えた後の姿にある。
どこかで聞いたような。
心の豊かさと、社会的な豊かさ、物の豊かさ。
物心両方が満たされている人が、どれほどいるでしょうか。

いいじゃないですか。
足りないくらいで。
ちゃーんと、生きていけるんですから。

何もないと思っていても、必ず何かを持っていると思います。
それに気がつくかどうか。

私だって、ゼロ地点に戻ったと思った時に、何にもないな〜と感じましたが、何が好きかな〜と考え始めて、この世界に行き着いたのですから。
それが、人から見て変わったものであっても、人は人。
自分の人生は、自分のものなのですから、人の尺度は気にせずにまずは進みましょう。

そべてはそこから。
そう思って、自分を励ましつつ、まだまだのわたくしでございます。

あら、気がついたら、また脈絡のないブログになってしまいましたわ。
ごめんあそばせ。


Img_2623

とかなんとか、
また飲むんでしょimpact

梨園のジュニア(1) 市川海老蔵

梨園の名門中の名門である市川家。
屋号は「成田屋」

十一代目 市川海老蔵

Image2_2

1977年12月6日生

◉生まれ持った個性◉

これほどの名門に生まれながら、本人にとっては親の存在にストレスを感じる事の多い人です。どんなに親が尽してくれようとも、本人にとっては違う個性を出して行こうとする気持ちが強い為、親世代の価値観や生き方、技法を参考にする事なく、自分独自の感性と個性で市川団十郎以上の功績を残せる命として誕生しています。

表面は賑やかで派手な印象を与える人ですが、実際は真面目そのものの気質があり、破天荒に見えていても、どこかに醸し出される気品と折り目正しい紳士的な雰囲気があります。案外、真面目な性格で保守的な考え方を持ち、洗練された理想を追求していく人です。豪気な面と頑固な面もあるため、大器晩成のタイプ。

◉役者としての手法◉

瞬時の判断力や計算力に長け、時代が求めているもの、自分が担って行くべき将来像に対する構想力があります。同じ事をしても、他とは違った動きや個性を出せる人ですが、その中には必ず華と品が醸し出され、独特の貴公子的な色気があります。同じ演目でもそのまま演じるよりも、どこかに自分らしさ、新しさを求める。派手な立ち回りが得意。天性のカンには乏しい面もありますが、思考力とバランス感覚で芸を習得していくタイプです。

◉運気の流れ◉

正官の星を強く持っている人です。この星は出世を表す星でもありますが、星そのものが強く、また女性からの人気や支持によってそれが強化されていく人です。

弱点はエネルギーの弱さ。良い運が来てもそれを活かしきれなかったり、良い機運を呼び込んでもエネルギー不足から成果をだせない。逆にちょっとした事が大きなダメージとなって、それを克服するだけの気力に不足する。など、このエネルギーが弱い為に、周囲や環境からの影響力が強く、彼自身が悶々とする事が多い人生期を歩んでいます。

2007年12月〜2008年2月までの間に、それ以前の10年間から新たな運気の転換期に入り、何らかの出来事を通じて現在に至っています。

この運気は2017年まで続きますから、独り立ちして名家をもり立てていくというのは、もう少し先になります。まだまだ親の力が必要な時期で、パートナーの存在は大きな時期。しかも、現在の2017年までの運気は、「正官」(自分)を無情に痛める「傷官」の運が巡っています。自分の価値観や生き方、梨園の上層部、目上、親などからの評価を受ける事は少なく、試練をもろに受けやすい時期に入っている為、どのように生きて行けば良いのか、まだまだ手探りの試練期となっていますから、自分に自信が持てず、周囲の意見に従わざるを得ない状況が多いでしょう。

しかし、この運気でも救いがあります。この傷官の威力はそれほど強いエネルギーを持っていませんから、正官(自分)がゼロになるほどの事はありません。壊しにくるものがあっても、乗り越えて行ける可能性が高い時です。もう一つ、これほどエネルギーに恵まれていない彼にとって、抜群に強いエネルギーを持った妻を得た事は大いにプラスになるでしょう。家では主導権は妻にあり、運気上も今年は子供に縁のある年です。

今年は一定の評価を得られる年となっています。

◉彼の隆盛時代はいつ?◉

生まれ持った命はとても良い彼ですから、エネルギーの応援がくる時から、蓄えられていた力が爆発するかの様な上昇気流を描いていきます。その時期は、2017年12月から始まり、以降30年間続きます。その前に2014年にすべてが新規となる様な運気の転換期を迎えます。この時に、事故や病気をしていたら、次の幸運期が活かせなくなるので、その点だけは注意が必要です。そして、2017年から内面にもっている品格が表面にどんどん出て、まるで見違える様な演技、人物として生まれ変わる事になるでしょう。

彼は70代になって、恐らく人間国宝としての名誉を与えられる筈です。市川団十郎として、名実共に手にする栄華。この70代は彼にとって満足のいく役者人生を感じる事でしょう。

2017年までの間に、病気や怪我、事件、事故に最大限に注意する事が大切な、今現在を生きている市川海老蔵さん。彼の本物の姿を楽しみに待ちたいですね。

2011年7月 6日 (水)

梨園のジュニア達

Image_2
長い歴史と伝統を持つ歌舞伎の世界。

梨園は、市川家を主軸にして、この名家の持つ血筋や演目を絶やす事なく継承するために、中村家、松本家、尾上家などからの養子縁組や婚姻関係で繋がれて来たと言われいます。

家名は違っても、その血は複雑に入り組んでいて、歴史を遡ればその血の系列や濃さに驚きかされます。それほどの事を成し遂げながら、この名家を守り、伝統を引き継いで行く梨園の御曹司達。

この梨園のジュニア達がどんな性質を持ち、どんな運命を辿っていくのか、そして次世代に最も活躍する役者は誰なのか。

どんな風に「歌舞く」のか、運気の観点から見てみたいと思います。

梨園を代表する最高の名家 「市川家」
市川家より古い歴史を持つ  「中村家」
市川家の血縁に力を持つ 「松本家」
松本家から独立した名家 「尾上家」

代表的な4名家から、順に掲載して参りますのでお楽しみに。

6月最終日

今朝は血圧の低さを感じます。
計った訳ではありませんが、だるい感じ。
寝起きもすっきりとはいきませんでした。
外を見れば、お天気ですsun

今日は、静かに机に向かっています。
好きな事から始めましょう。無理せず、休みながら。

穏やかな風が入ってきます。
日中は、扇風機でも十分過ごせる様になりました。

師匠が 「虫になれ」sweat01

と言っていましたが、要は環境に馴染めるように身体は作られているのだから、ちょっとした工夫をするだけで良い。
その環境をどう過ごして行くかが人間の智恵なのだと。
カンを鍛えよと。

な〜るほどshine
その虫の代表が 「ゴキちゃん」sweat02

ゴキちゃんは、古代からいるらしく、進化せずにずっと同じ身体で現代まで生き続けているという事を、どこかで耳にしました。

ゴキになれと言われている様で、ぞっとしてしまいました。
せめて、アリとか、てんとう虫とか、の表現にしていただけませんか? 師匠殿。

さてさて、ちょっと気力が戻って参りました。
今日は夕方から、お茶のお師匠のところへ夏のご挨拶へ伺う予定です。

暦の上では、今日までは6月。
6月中の課題は、今日中に済ませたいと思います。

暑い夏日が続きますが、七夕から7月のスタートです。
夕涼み、大切な人と冷たいものでも飲みながら、七夕の語らいをぜひどうぞ。

恋をしている女性のみなさま、M様、七夕の夜は、しっとり美しく輝いてください。

わたくし?
我が家はたぶん、近くの酒場でビールとやきとり。でしょう、きっと。
古女房は、語らうよりも黙ってうなずくのが良い様です。
しゃべりだすと、女房はうるさい。母は強い。

しっとり、女の風情でいられるのは、恋人か新妻か。
ため息でございます。

Img_2708

あたちもいるわよ。


2011年7月 5日 (火)

茶番も続けば・・・

風もあり、涼しい朝を迎えました。

午後はどうなりますか・・・

今朝は急ぎの鑑定を一件。
午後から外出して、打合せです。

政局の話はあまりしたくありませんが、何とも茶番劇が続いている様です。
昨日のあの方も、辞任が決まりました。
言葉の真意が伝わらないまま、品格の問題で降板です。
ため息、ばかりです・・・・・

昔、職場で誰かが言っていましたが、

「相反する立場で、日頃は敵対している人達が結束する時がある。
それは、共通の敵が表れた時。」

どちらにとっても、やっかいな人物としてその対象が表れると、ひとまず、これまでのことは置いて結束して、それを排除する様な動きが自然と出来上がるのだそうです。

今は、それが管首相なのでしょう。
でも、運気の観点で見ると、別の側面が見えてきます。
管首相はやはり元気です。七夕までは試練の月ですが、それを過ぎると今年の注意月が終わります。あと数日。その後の展開がどうなりますか。

昔の様な政治は、終わったのだと思います。
強力なリーダシップを取れる人が上に立てば、大きく変わるという事は、今の日本にはないように感じます。 新聞でさえ、首相という文字を入れずに「管」と表現していたり、全くその地位に尊厳がありません。
相手の立場を敬ったり、謙虚な姿勢で話を聞くという事がなくなって、何でも対等、平等を求める。組織の体をなしていない今の状況を生み出した責任は、当事者ばかりとは言えないのではないかと感じます。

やっぱり、この話題はこのブログには適しませんね。
このあたりでやめましょう。

ずっと途中だった十二運をようやく書き終えました。
どんな感じなのかを読みとっていただけたら嬉しいです。

今週は時間を作って 「歌舞くジュニア達」、梨園のジュニアを書き始めたいと思います。
お楽しみに。


Img_1256

木陰が一番だわ。











2011年7月 4日 (月)

十二運(12)絶の人

墓に入り、土に帰った後、すべてが無になった状態が絶の人です。無という事は、それまでのすべての事から解放されるという事も意味しています。したがって、何をするにも自由で束縛やしがらみがありません。すべてが自然に備わり、何を選択しどう次への芽を出すのか、出方次第でどんなものにも変化できる身軽さがあります。絶の人は、人生の最終段階に位置しているわけですから、感性も経験も価値観もすべてどこかに記憶として残っています。どこへでもどんな場面でも、軽やかにそこに行き着く明るさ、楽しさ、賑やかさが特徴です。

絶の人は、胎の始まりの前を表していますから、内面にはどこかに次に生まれゆく為の不安を抱えているのですが、それを認めたりする事は苦手です。自分のマイナス面や弱点を見破られる事を恐れますから、そうなる前に、瞬発力と明るさ、おちゃめさで、その場の雰囲気を楽しく愉快なものへと変化させるのが上手です。感性も鋭く、インスピレーションや霊感の強い人も多いのですが、天性の明るさが特徴です。芸能の世界に縁を持つ人も多く、言葉や表情の一つで、七変化できてしまうカンの良さは抜群。人気もあります。話上手な人も多く、テンポの良さ、頭の回転の良さが光ります。

しかしながら、墓の様な蓄えられた力はありません。どんなに明るく楽しく天性のカンがあったとしても、それを持続していくだけのエネルギーがないのです。したがって、長期的なもの、継続的なものは苦手で、飽きやすい一面が出やすくなります。同じ環境で同じ人と同じ状態を続けるというのは、絶の人にとってはとても辛い作業。虚無な抜け殻となって明るさを奪ってしまう事になります。本当は人一倍寂しがりやでありながら、自由を求めるという相反する両面をもっていますから、そのバランスが取れなくなると、思いがけない行動に出る事があります。言葉の刃、力の刃、自分への刃となりかねない危うさを秘めています。

賑やかで華やかな雰囲気の絶の人が、いつもと違う表情や暗い雰囲気になっていたら、それは情緒不安定な状況にあるか、あるいは何かに恐怖心をいだいている時。そんな時は、一人にしない事です。やさしく穏やかに、話しかけましょう。相手が話し始めたら、やさしく頷いて、時には冷静な意見を述べてあげてください。相手にとって絶対的な味方であるという事を知ってもらう事が、救う事になります。少しの時間でもそんな瞬間があれば、また子供の様な無邪気さが戻り、次へ向かう積極性を取り戻せるでしょう。

十二運(11)墓の人

墓(ぼ)の状態とは、お墓に入る事を意味した言葉ですが、次への始まりも意味しています。墓(はか)には、昔からその人が生前に生み出したものや、宝物と一緒に埋葬する事も多く、そのため墓の中には豊かな財宝が収められているという特徴があります。墓の人は、生の時代のすべてを蓄積して、土に帰るという性質から、明るさと豊かさを持っている人が多いのです。蓄えるという意味においても、見かけがどうであれ、蓄財力があります。
胎〜墓までの11段階を経てきているわけですから、一つの事柄を決断したり、行動を起す際に時間をかけて辿り着く手法が特徴です。

墓の人は、マニアックな一面を持っています。長い時間をかけて培って来た自分なりの価値観を大切にしますから、その中で自分の関心のあるもの、興味をひくもの、好きな事についての貪欲さは人一倍です。しかも、時間をかけてそれを追求しますから、出来上がった作品は、誰にも真似の出来ないような緻密さがあります。実社会でも同様に、人間関係でも仕事でも、納得するまで動けないところがあり、また最終的な結論がでるまで、自分の主観を通すという事は少なく、相手の話をじっくりと聞きながら、どう動くべきかを自分なりに分析して行動します。

良い意味で、静かな貪欲さを持った人が多いのですが、時間がかかるという事は瞬時の判断力と行動力が伴わない危険性も含んでいます。取り越し苦労が多くなったり、遠回りして戻ってきた時には事は終わっていたとう事も。それでも、自分なりの進め方を重要視しますから、本人はそれで満足だったりするのですが、人との共同作業では、それがマイナスと出る事にも繋がりかねません。自分のテリトリー、金銭、人、仕事などにおいて、溜め込む、漏らさない、任せない、などという事が起こりやすい傾向にあります。それでもどこかに明るさと豊かさがあるのも、墓の人の特徴です。

ふだん聞き上手の墓の人が、目線が宙を浮いていたりする時は、頭の中は違う事に気を取られている時。聞いているのかな? と思う瞬間があれば、相手の話の聞き役に回ってみましょう。一度話しはじめると、どんどんいろんなシーンが飛び出して、その人の豊かな感性を知る事ができます。しかし、この時、相手の明るさや言葉の調子にのって、ズケズケとものを言うのは御法度。一人になった時に、この人はその言葉を租借しはじめて、眠れなくなってしまうかもしれません。タイムラグがあるのが墓の人の特徴でもあるのです。

十二運(10)死の人

自分の人生観が確立され、理想と現実、経験と感性で歩んで来た人生期から、いよいよ有終の美を飾ろうとする段階が死の人です。 死というのは生の終わりを意味した言葉ですが、死ぬという意味ではありません。 しかし、性質的に、じっくりと時間をかける程の余裕はなくなり、できる限り与えられた時間の中で、きちんと締めくくりをしようという意識が出てきます。そのため、病の時代で培われた敏感な感性は陰を潜め、感覚よりも現実社会での実績を重用視するようになります。

死の人は、何事も理論的に物事を捉えます。感情や理想論よりも、どうしたら早くそこに行き着く事ができるのか、あるいはその壁を乗り越えられるのか、自分のミッションを常に意識している人が多く、必ず結果を出します。自分の理想や他者の思惑という事には割と無頓着な面もあり、問題と答えを一直線で結び、最短距離でゴールに達成する事に価値観を持っています。それだけ、何があろうとも自分の担うべき事を実直に進める行動派です。たとえ、心が納得しない事でも、それが与えられた任務であれば感傷に浸っているよりも、結果を求めて動く方が良いのです。

しかし、一方で病の時代で培った感性が忘れ去れた状態というのは、人の感情の機微や態度の中に隠された本音、本質に目が行かなくなってしまう危険性も秘めています。時に独り相撲となってしまって、相手に理解されなかったり、チームワークに乱れが出たりという事も。後がないという意識が常について回るため、じっくりと時間をかける事に焦りを感じやすくなります。それが、せっかちな言動になって現れる事があります。

任務を全うして肩の荷を降ろしたはずの人が、浮かない顔をしていたら、それは死の人にとっては納得の行かないミッションだったという事です。嫌でも自分のミッションならば結果を出す事が大切と考えてしまうのですから、結果が出せたとしても、むなしさが後になって出やすいのです。 そんな時は、おいしいお酒を一緒に飲んであげましょう。お酒が飲めない人ならば、おいしい食事でも大丈夫。この人が何に不満を思っていたのか、納得していなかったのかをじっくりと聞いてあげてください。聞いてくれる人が側にいる事が、何よりの救いなのです。

風と水と

強風が吹いています。

NHKでクーラーなしの生活方法として、風の導線と扇風機の活用法を見てから、今年はまだ日中はクーラーを入れずに過ごしています。

今まで、朝は窓を全開にしていたものの、南側以外の窓は閉めていましたが、北側、東側の窓を開けて、家全体に風が通る様に工夫したところ、汗をかかずに過ごせる事が解りました。風のない時は、部屋の空気を循環する様に、外に逃がす様に扇風機を使うといいようです。

もちろん、お掃除したりちょっと動くと汗は出ますが、午前中に集中してすませたらシャワーを浴びて、風通しの良さだけで涼しく感じます。

問題は、西日。ここだけは、これからは観葉植物をたくさんおいて、部屋の中を快適にしたいと思います。農作物用の日よけネットをベランダにカーテンの様に取り付けると、木陰の涼しさになるそうです。ホームセンーターで探してみたいと思います。

問題は、夫。
夜と、土日の午後は、クーラーなしは耐えられないと、のたまっておりますが、夏バテして体力を無くしてもらっても困りますから、私とカノンで昼間の節電です。

お陰で、良く水分を取る様になりました。クーラーを使っていると、あまり水分を取らないで済みますが、体内の熱は案外こもっていたり、水分不足だったりするのではないかと思います。マハロのお水は、他の水よりもずっと冷たく感じますが、お腹が冷えるという事もなく、たくさん飲めてしまいます。

高価なお水ですが、サプリや栄養剤の類いを一切取らない我が家では、せめて良い水を飲んで自然の免疫力を付けていきたいと思っています。

明日は、打合せ。
今日はその準備を少しして、夕方涼しくなったら商店街へ行こうと思います。

暑い毎日です。
節電も大切ですが無理をしすぎずに、皆様も水分補給と安眠を心がけてお過ごし下さい。

Img_2867

今年は毛がうざいわ。
クーラーは苦手だけど、風もいやなの。
困ったわ〜

2011年7月 2日 (土)

茶稽古

今日は久しぶりにお茶の稽古。

今年は、これでしばらくお休みとなりました。
6月は何もないと思っていたら、しばらくお茶とのお別れです。
来年の初釜まで、お預けとなりました。

お師匠の身辺もいろんな変化があり、喜び事と共に考える時を迎えているようです。
20数年、通い続けた場所。
寂しい感じは拭えません。
若かった弟子もたくさんの変化の波や、それぞれの人生を生きながら、茶席ではお互いに踏み込まず、詮索や陰口や政治、宗教の話は御法度。
それだから、お互いを気遣い合い、良い関係で長い年月を過ごせてきたように思います。

少しずつ集めた茶道具も、茶銘披露でつかったきり。
もし、本当に辞める時がきたら、弟子仲間で道具を持ち寄り、お師匠へ感謝のお別れ茶会を開こうと、決心して帰ってきました。
これからは、せめて家で点てて飲みましょう。

来週は、お師匠にジャムとラッキョウの浅漬けを持参してランチをご一緒したいと思っています。

50代で教え始めた師匠も84歳。
いつも、本物の道具でたくさんの種類の稽古をつけていただきました。
お茶も最高のもの、道具もダミーは一つもなく惜しげも無くたくさんの道具を手にとり、目で確かめてのお稽古。
お陰で見る目だけは養う事ができたように感じます。

感謝の一言。

再開を期待しながら、月日の長さを改めて感じた稽古でした。

1309613125930.jpg1309613124498.jpg

水撒き、ホースで勢いよく 和室から遠くへ、お茶目で粋な江戸っ子師匠

2011年7月 1日 (金)

浅漬け

今週は、予定がぎっしり、みっちりでした。
その最中、実家から今年もラッキョウが10Kg届きました。

せっせと、夜中に下ごしらえして、多忙な友人の分も奇麗に皮をむいて塩をふり、届けました。恵比寿まで車で迎えに行って、ブツはトランクへ入れて、自宅のある日吉までお届け。
一人暮らしが長い友人ですが、あまり丈夫な方ではありません。
人の作る食事もたまにはよいのではと、お惣菜を詰めて進呈。

ラッキョウは、塩漬け、甘酢漬けなどありますが、今年は小さいのをたくさん入れてもらったので、浅漬けを2kg、酢漬けを3kg作りました。このレシピは、母直伝ですが、とても簡単でおいしいのでご紹介します。

準備するものは、
1)小さめのラッキョウ 3kg
2)砂糖 1kg
3)塩 1カップ
4)酢 1カップ

材料は、3kg標準のものですから、1kgであればそれぞれ分量を1/3にして準備ください。

<下ごしらえ>
ラッキョウは、水につけて一晩おいておきます。
水の中でごしごしすりあわせて、甘皮を取り除いたら、一つ一つ丁寧にツルリンとした状態まで余分な皮をとり、根を切り、上部の茎を好みの長さに揃えます。

Img_2927

1)砂糖と塩を良く混ぜ合わせて、タッパーなど口の大きな入れ物を用意して少し敷いておきます。
2)らっきょうを1)の上にのせて、また砂糖&塩をふり、ラッキョウをのせる。
これを数回繰り返して、最後に全体をざっくりと混ぜ合わせます。
3)次に酢を全体に廻しかけます。

Img_2928

これで、冷蔵庫に入れておきます。

ラッキョウからの水分がどんどん出てくるので、一日に2回くらい、木べらで底から混ぜ合わせる様にして、1週間したら食べられます。
最初はお砂糖がどろっとした感じのものが、次第にさらさらになって、とてもおいしく仕上がります。

Img_2930

冷蔵庫で2ヶ月は十分持ちます。
冷たくて、シャキシャキした味わい深い浅漬けの完成。
是非、お試しあれ!

さて、明日は久しぶりにお茶のお稽古。
お仲間とも、久しぶりの再会です。

Img_3990

さすがに暑いわ〜。
クーラー、入れてくだちゃいよ〜







 

7月の運勢

Image1_3 7月です。今月は七夕から切り替わりますが、夏の土用の季節に入りました。七夕の出会い。

七夕を意識して書いてみました。いつもは音信不通の人にも、たまには会ってみるのも良い機会かもしれません。 短冊の願い事も書いてみましょう。
目まぐるしく落ち着かない雰囲気の7月となりそうです。何となく衝撃的な事が起きたりという事も、もしかしたらあるかもしれません。

今月の運勢、どうぞお楽しみください。


Icon_moon33_gr1月生まれ(丑月)

「流れ星一つ」

今月は、積極的な姿勢が良い意味でも悪い意味でも、その時の状況によって大きく左右されやすい月。あなたの努力はすばらしい力を持っているのですが、バランスに偏りができてしまいそう。心の中の気持ちと、実生活とのギャップが大きく、どちらかが良いと一方がアンバランスという具合に、良い時を実感しにくい時期に入ります。愛情面も金銭面も活発ながら、気がつくといつのまにか違う結果になっていたという様な事にもなりかねません。今月は、特に人との関係性を重視して、この点に力を注ぎましょう。冷静な気持ちで調整していく事で乗り切れるでしょう。ふとした場所での再会が、不思議な縁を運んできてくれそうな予感も。

Icon_moon33_gr2月生まれ(寅月)

「おり姫二人」

今月は、とても活動的な月となりそうです。取り組むべき事が多く、多忙な毎日。一つに絞って集中するという状況ではなく、あれもこれもと、少々疲れやすい時期です。愛情面、金銭面、仕事、いろいろな面でちょっとした事がトラブルの種になる事も。どんなに能力のあるスーパーマンでも、休む時がなければもちません。焦らずに、気長に事を進めましょう。ストレスは溜めずに上手な発散を心がけて、ガス抜きをしましょう。迷うよりも、取り組むものを決めて、じっくりと進む方が得策です。魅力ある人があらわれてもよそ見は禁物。自分の心に正直に大切なものと向き合いましょう。じっくりと、ゆっくりと。

Icon_moon33_gr3月生まれ(卯月)

「天の川で待つ君」

今月は、悩んでいた事や、迷っていた事、あるいは問題を抱えている事があったら、良い方向で決着が着きそうな気配です。それはあなたの望む方向とは別の結果かもしれませんが、後になって、良い結果を掴んだと思えるようになるはずです。仕事上でも変化が起きやすく、また新しい良い出会いにも恵まれそうです。ここまでのあなたの取り組みがあったからこそ、次の階段が待っています。思い切り背筋を延ばして、軽やかにステップを踏み出しましょう。チャンスが巡ってきそうな、意味のある月となりそうです。一時的なストレスなどに囚われずに、待ってくれている人、環境を受け止めましょう。

Icon_moon33_gr4月生まれ(辰月)

「願い事が叶う短冊」

今月は、真面目な取り組みが良い結果を運んできてくれそうな気配です。何事も正面から取り組んだ事や、人への配慮と努力が実を結び、大きな成果を掴める可能性が高いでしょう。しかしながら、それはあくまで真面目な対応と、姿勢が条件です。ちょっとした油断が、せっかくの好機を台無しにする事のないように、人との関係性には特に気配りをかかさずに対応しましょう。再起を掛けるような事にも、良い暗示が隠れていそう。愛情面でも、気になっていたあの人からの良い返事がもらえたり、もしかしたら交際へと発展する可能性もあるでしょう。自分を信じて、丁寧に進みましょう。

Icon_moon33_gr5月生まれ(巳月)

「金銀キラキラ」

今月は、金運抜群の時。お金に縁のある時ですから、その分、他の事はひとまず置いてそこに集中する方が良さそうです。仕事や人間関係には、まだまだ気を抜けない事も多く、苦心はありそうですが、それとこれとは別物。損をして得を取れではありませんが、あまり周囲を気にせずに自分の思う通りに進めて行くほうが、結果的にはプラスになる暗示です。楽しい事に縁を深め、気になっていた事があれば、思い切ってスタートしてみるのも良さそうです。積極的に取り組みましょう。名声よりも実利主義が良い月。結果を信じて進みましょう。

Icon_moon33_gr6月生まれ(午月)

「星とダンスを」

今月は、人気抜群の時。特にプライベートな面での楽しみが多く、良い縁を運んでくれそうな予感。人の為に尽した事が、その何倍にもなって返ってきそうです。金運も強く、異性との出会いにも恵まれそう。いつもの日常から離れて、プライベートの充実をはかりましょう。楽しい雰囲気、環境が自然と恵みをもたらしてくれるでしょう。笑顔が何より大切な時です。ただ、楽しいからと周囲を振り回したり、あまり調子に乗りすぎると、思わぬ展開に発展しないとも限りませんから、その点は気を付けましょう。よい縁は、社会生活の場よりも文化的な場所で探しましょう。

Icon_moon33_gr7月生まれ(未月)

「雲隠れのお星さま」

今月は、ちょっとナーバスになってしまいそうな気配です。思いがけない事から意外な答えが導き出されたり、身辺に小さな変化が起きたりして、それによってあなた自身も対応しなければならない事がありそうです。一見すると楽しい事柄でも、そこで出会った物事、人などからの影響が強く、流されてしまうと後で大変な事に繋がらないとも限りません。この時期は小さな事、少しの傷やミスをおろそかにしてはなりません。体調の変化にも気を配りましょう。調和を第一に心がけていくのが大切な時といえそうです。あまり干渉しすぎずに、いつもの日常を大切にしましょう。

Icon_moon33_gr8月生まれ(申月)

「月も星も」

今月は、周囲の人達との交流が楽しい時。関係性そのものが穏やかで優しい関係を築けていけそうです。あなたの明るさや楽しさが周囲も照らして、更に大きな和となるでしょう。時には嫌な出来事があったとしても、すぐに立て直せます。これまでに考えて来た事があるなら、今月はそれを実行に移す時。大胆な発想と行動力が更に大きなエネルギーとなって、運気を支えてくれるでしょう。男性に対する尽し過ぎはかえって逆効果。母性は小出しにして取っておきましょう。気になる事があっても、たまには見ないふりが◎ 自分がまず楽しいと思える事に縁を持ちましょう。

Icon_moon33_gr9月生まれ(酉月)

「星々の祭典」

今月は、一度のたくさんの事がやってきて、目まぐるしい忙しさを感じるかもしれません。それだけ、活気もやる気も満々。意欲的に取り組んでいく事で、抱えきれないと思っていた事柄が、一つ一つ成果に結びついて行くでしょう。スタートダッシュの大変さはあっても、その苦労が報われる月です。リズムが着いて、徐々に効率よく展開していくでしょう。楽しい事、自分らしくいられる環境や時間を持つ事も、重要なときです。一生懸命に働いた後は、自分にもご褒美をあげましょう。星々の恵みがちゃんと届けられる月。テンポ良く、進みましょう。金運にも異性にも縁の強い時です。

Icon_moon33_gr10月生まれ(戌月)

「天空の橋」

今月は、怪しい雲行きに隠れがちな天の川であっても、途切れることなく繋いでくれる橋のような存在にスポットがあたります。些細な事や大した事のないと思って見過ごしていては、その橋さえ危ういものになる傾向も。今月は対処すべき難題が持ち込まれて、苦心を感じる事もありそうですっが、それを丁寧に誠意をもって対応できるかどうかが、運命の分かれ道。人との関係も同様です。行き過ぎたり、相手の表情の一つにも気を配りましょう。自分が求められている事を、正確に理解し、その場にあった対応を心がければ、思った以上の成果を手にできます。自分の為に支援してくれる人を大切にしましょう。

Icon_moon33_gr11月生まれ(亥月)

「スターダスト」

今月は、きれいな星空を見上げて、穏やかな雰囲気に包まれたくなる月。周囲も静かで落ち着いた雰囲気があります。しかし、その中に起爆剤が仕込まれてる可能性もあります。これが吉と出るか凶と出るかは、あなたの注意力次第。美しいはずの星々も、元は宇宙のチリ。ふとした事が気になったら、それは不穏な出来事の暗示。気を抜かずに、よく考察した上で決断しましょう。自分の価値観を見識に自信を持ちすぎると、誤った判断に繋がらないともかぎりません。安全対策を怠らず、冷たい頭で物事を捉え、輝く星のキラメキを手にしましょう。目上には特に気を配りましょう。

Icon_moon33_gr12月生まれ(子月)

「年に一度の逢瀬」

今月は、過去との再会がありそう。懐かしい人、音信普通になっていた友人や知人、会いたいと思っていた人。または、過去に従事していた仕事や環境、人間関係などが懐かしさとともに、ふとしたきっかけで出会えそうな気配です。この時期の出会いはあなたにとってプラスに働き、運の強さ、良さを引き出してくれそうです。あなた自身の感性も研ぎすまされて、狙った通りの結果が出やすい時。勝負しても良いでしょう。いままで言えなかった事、伝えたかった事があれば、この時期に連絡してみるのも良いでしょう。マイナーな気持ちは捨てて、自分を信じてみましょう。愛情面も良い兆し。

 

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Time

  • ブログパーツバイク買取ネット大阪のホームページ制作レーシック手術情報サイト

おいしいワイン

  • 大切な日のワインからデイリーワインまで豊富な品揃えの ”The Party!”
    e-shop WINE MARKET PARTY

海外ホテル予約なら

  • ここ↓
    人気14都市のホテルが最大60%OFF★エクスペディアの直前割引

最近のトラックバック