« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月31日 (火)

家事もいろいろ

お日様が差してきました。

今日は午後から外出。

植木屋さんが入る予定ですが、まだきません。

帰省した際に、妹といろんな話をしました。
陰陽五行を使って、彼女の組織コンサルもしました。

妹は、片付け上手の掃除魔。
でも、料理は苦手。

私は、料理は上手ではなくても作るのが好き。食べるのも大好き。
でも、掃除、片付けは、苦手。

その妹と並んでキッチンに立って、ジャガイモ剥いてと頼んだら、いいよ〜っと。
横でタマネギを刻んでいた私でしたが、剥きが早い。
ちらっとみると、ピーラーを使ってどんどん剥いていました。
でも、陥没したところや根が出そうな部分の皮はそのまま。
もってきたタッパーにあれこれ詰め込んで、帰りました。

私が帰った意味は、部屋は妹の定期的な掃除のお陰で、片付いて奇麗な実家ですが、料理を作る人が足りないから。
アルバイトの人達のランチ、お茶の準備、その後の家族の食事。
いくら料理上手の母とはいえ、一緒に作業しながら、合間を見てこれを続けるのは体力が持ちません。

せっかくだから、日頃食べない肉類や、洋食、時には山菜を使った田舎料理も出しながら、それなりに好評をいただいて、楽しい料理ざんまいでした。

戻ってからは、いつもの夫との食事。
ゆっくりのんびりとした日常ですが、やはり私はどこか忙しく時間に追われるくらいが、効率的に動ける様です。のんびりしだすと本当にのんびりしてしまう。

実家での忙しさが嘘のようです。
ちゃんと、日々をしっかり生きるというのは、田舎の人の方が上手のようです。

さて、そろそろ出かける準備をしましょうか。

Img_2797

ドライカレー弁当。

Img_2798

あたちには、お弁当ないの?

2011年5月30日 (月)

日常へ

いつもの日常が戻ってきました。

留守の間、夫は私が出かける時と同じ状態で、部屋を散らかす事も無く、奇麗に過ごしてくれていました。
洗濯物とほこりは多少ありましたが、キッチンも奇麗に使ってくれ、冷蔵庫には私の好物たちが入って出迎えてくれていました。感謝でございます。

じいやは、台風が近づいていたので、飛行機が飛ぶかどうかを心配していたようでしたが、カノンのいたずらぶりも相変わらずで、元気に出迎えてくれました。

いつもの日常に戻れること、ささやかな事がとても大切に感じるこの頃です。

実家から戻る際に、ふと目についた本藍染め絞りの大風呂敷。
使い道がないまま放ってあったようでしたので、いただいて参りました。

今日は、カノンとべったり過ごしながら、溜まっていた家事を済ませて、少し陰陽師の仕事を。

さて、仕切り直し。
頑張りましょうか!


Img_2810

手の込んだ刺し子付き藍染め


Img_2807


さっそく


Img_2811

落ちくつわ〜。

2011年5月29日 (日)

雨の茶会

無事に帰って参りました。
カノンは、しばらくストーカーになり、どこへでもついてきて、そのハグのしつこさはピカイチでしたが、良い子で待っていてくれたようです。

今日は、雨の中、青葉台までお茶会に出かけました。
10時に家を出て、友人と友人のそのまた友人と出かけました。

しっとりと青葉がより鮮やかな良い茶室で、昨日までの慌ただしさから、しばし静寂の中に身を置きました。
雨音と茶釜の音で、ゆったりとした気持ちが戻ってきたように感じます。

さそってくれた友人に感謝。

しばらく雨が続きそうです。
せっかくですから、心にも潤いをしみ込ませて、焦る心を抑え、ゆったりとした精神状態で日々のあれこれをクリアして参りたいと思います。

皆様も、たまには郊外の雨の中の緑、ご堪能くださいませ。


Img_8520


鮮やかな緑に囲まれて・・・Img_0651

2011年5月28日 (土)

東へ

さて、東京へ戻る日がきました。

心身ともに頑健な父と、だんだん無理が出来なくなった母と、叔父の葬儀の時に酔いもあったのか、珍しく父が、

忙しい時期には家事手伝いでたまには母さんを手伝って帰って来てほしい。

とこぼしたのがきっかけで、今回の帰省となりました。

そんな事は言っていないと後で否定していましたが、いつ何があるかわかりません。思い切って帰って良かったと思います。

昨日は、妹も帰って来て、一緒にお茶飲みに行く時間とお墓参りが出来ました。

夏は、夫と一緒に帰る予定です。

思いがけない再会もあり、自分の確かなルーツを感じた帰省でもありました。

さて、カノンの待つ家に戻りましょう。

温かく送り出してくれた夫とじいやに、感謝です。

里にも感謝。


1306545778440.jpg

妹とコーヒーゼリーで、一時間。
美味。


1306545795438.jpg


オットしゃん
そろそろ迎えに行く時間よ。

2011年5月26日 (木)

野花

少し、時間ができました。
九州は梅雨入りして、雨が続いています。

子供の頃から縁側で雨を眺めるのが好きでした。
小雨になったので、傘をさして農道を散歩したら、野花があちこち。

家においでと、連れて来ました。
いえ、チョキンと頂いてきました。

1306386841113.jpg

花名は知りませんが、知覧原産で
地元では、特攻花と呼ばれています。
あの時代、咲いて若い命を見送ったのでしょうか。

1306386885181.jpg

生けましょう。


1306386913803.jpg

野にあるように、生けられたかな?

1306386932872.jpg

玄関で出迎え花
となりました。

家政婦生活

家政婦生活も5日目。

そろそろ、疲れて参りました。

テレビの時間も、ゆっくりする間もなく、気がつくといつも夜10時。

母はこの時期、父の手伝いをしながら、家事全部していたのかと、しかも男子厨房に入らずの薩摩隼人ですから、手がかかります。

父も母も自分に厳しく、頑張りやですから。

昨日は、親友のお母さんが2日前に亡くなり、葬儀には行けなかったので、家に行き、お線香をあげてきました。
親友は新潟に嫁ぎ、実に20年ぶりの再会。
年賀状とたまの電話だけで、会いたいね〜と話ばかり。

こんな形で会うなんて。
それでも、ゆっくり話そうよと、1時間ばかり話して変わらない友情を感じて、昔の様々な思い出に懐かしさがいっぱでした。

今夜は兄と親戚のお兄さん、とはいえ、もうすっかりオヤジ様ですが、夜食事に連れてってくれるようです。この親戚のお兄さんは、昔から私のスポンサーであり、アッシーであり、何でも叶えてくれた恩人。

楽しい夜になりそうです。

その前に、食事の支度、家政婦仕事を整えなければ。がんばります。

1306385482216.jpg

この巨大なカメの中身は、


1306385507975.jpg

母手作りの田舎味噌、一年分。


1306385530094.jpg


出汁だって、削ります。

1306385548322.jpg


今日はこなお味噌を使って、
父の好物の自家生玉ねぎの卵とじ。

1306385568736.jpg


出来上がり。

2011年5月24日 (火)

里にて

里帰りしています。
今日で三日目。

朝6時半起床。
既に、お洗濯は終わっています。
7時、母が作ってくれた朝ごはん。
ここまでは、娘でいられます。

7時半、化粧して、エプロン付けたら、家政婦お静に変身。

8時スタート。
洗い物、二回分の洗濯物干して、
家のお掃除、土間のお掃除。
実家に手伝いに来てくれているアルバイトの人達の10時のお茶の準備。

買い物に出かけ、11時からランチの準備。
昨日は、野菜たっぷりドライカレーと味付け卵。ビール付き。

今日は、関西風おうどん、野菜の肉味噌炒め。
栄養ドリンク付き。

ランチの後片づけしたら、ようやく休憩。
ここから家政婦のテレビの時間です。

3時のお茶の準備。
洗濯物取り込み、たたんで終い。
もう一度、掃き掃除。 なんせ、開けっ放しでもありますが、人の出入りが多いので、いつのまにかホコリが。

4時から夕飯の準備を整えて、5時半、温泉へ。
癒しの時間。運転手はわたくし。

帰って、7時半から夕飯。
父の晩酌相手。

8時半.後片づけ。
9時、母のマッサージとお灸。

10時、焼酎オンザロックで、まったり。

こんな規則正しい生活が続いています。

夫は、わたしが書いたお願いリストに忠実に、カノンと頑張ってくれているようです。

さて、夕飯の準備しましょうか。

1306217511152.jpg

掃除機なんてかけていられません。

1306217555938.jpg

仏間だって、ほうき。
ごめんあそばせ。

1306219657571.jpg


せめて古いキッチンにも
草花を飾りましょう。

2011年5月19日 (木)

芸能界-気になるカップル(4)

共に生活せず、それでも婚姻関係の絆を断つこともなく、長く別居婚状態を続ける、芸能界でも異端とも言えるカップルの内田裕也さんと樹木希林さん。
今回事件が明るみになって、”感謝している”と妻の立場で一人の人間としての夫を厳しくも深い情で淡々と語る姿には、世間の枠組みを越えた関係性を感じます。

〜なぜ二人は出会って結婚したのでしょうか?〜

運命の赤い糸だったからに他ありません。二人が出会ってお互いに惹かれ合う一目惚れの関係。こういう出会いをしてしまった男女は、一緒になるまで決して離れる事はありません。何が起きても一緒にいる事を望み、それを叶えるまで別れる事は難しい。

〜なぜ二人は別居したのでしょうか?〜

それは、運命的相性が最悪だったからと言えます。一緒に生活をし始めるといろんな事件や苦労が怒濤の様に押し寄せてしまう、陰陽五行的に観ると互換空亡の関係です。どんなに相手の為を思って行動しても、ちぐはぐで噛み合わないだけでなく、裏目に出てしまう。悲しい縁の関係です。強い結びつきが生まれる縁が逆に運勢的に悪い方向へと進んで行ってしまう。きっとお互いにそれを感じて、双方の為に別居という形式を取られたのでしょう。

〜今後、二人はどうなるのでしょうか?〜

死が二人を分つまで、もしくは運がそういう方向を示すまで難しいと言えるでしょう。しかし、樹木希林さんは、今運気の大きな転換期に入り、今年から新しい人生を歩んでいくべきスタートを迎えました。もう夫という存在は不要の運気です。たとえ、戸籍上一緒であっても、彼女の心から彼という存在は消えていく時の流れを迎えました。内田裕也さんは、本来ならば社会的にも有望な人物なのですが、生き方を誤ってしまった。いつもどこかに真面目に生きたい部分と、偏屈な部分とが共同していて、満たされない人生を味わっていたのではないでしょうか。
2013年、内田さんにとって新しい人生を歩むタイミングやってきます。樹木希林さんはこれから2年程をかけて過去の清算とともに、生まれ変わっていく人生期に入ります。気をつけるべきは、健康。

愛しさと憎しみが混在している夫婦縁と見えますが、それでも最後までお互いの人生に責任を持ち続ける姿勢は、人間的な尊厳を感じさせます。離れてきちんとけじめをつけてあげる事も、相性学的に観れば、本当の意味で彼を解放し、自立させてあげる事ができるのですが。これを伝える術はありませんが、もうそのタイミングが来ている事を、妻の方は気がついているのかもしれません。

外へ

家にいるのがもったいないくらい、良い陽気です。

今日は、自由が丘を散歩してみようと思います。

わがままな我が家の姫こと、カノンは、朝から甲高い大きな声で泣きつづけ、静かな朝は皆無です。
ようやく、落ち着き、爆睡。

衣替えも終わり、最後のリビングの断捨離が残っています。が、今日はおしまい。

これまでに出た廃棄物は、45ℓゴミ袋.3つ分。
リサイクルに、テーブルとテレビ台、スピーカー。

昨日のブログを読んだ夫が、タイプライターは、捨てちゃ駄目だと、帰ってくるなり処分禁止令。
載せるんじゃなかった。

まぁ、親が生きている間は、そうしますか。


さて、出かけましょう。


Img_7573


Img_2334


Img_0377

JELLY 7月号

Img_2782

師匠
有名人になったの?
おめでとうございますにゃんcat

2011年5月18日 (水)

捨物

清々しい陽気に恵まれました。

昨日は和室の整理をしましたが、結局処分できるものはわずか。
そんな中、押し入れの天袋から出て来たものが。

これです。

Img_2772

タイプライター。
高校生の時に、父にお願いして買ってもらったもの
めったにおねだりなどしなかった私が、父にねだったものです。
今はなき、ブラザーのもの。

捨てられずに、実家にもおかず、一緒に持って来ていたのをすっかり忘れていました。
断捨離! suterarenai・・・・

私はものを思い切って処分する方だと思っていますが、悩んだ末に目に届かない場所に置いていたのかもしれません。どうしようか、迷う所です。
これがあったから、パソコンの時代になってもキーボード操作に悩む事もなく、すんなりと時代についていけた感謝の代物。

でも、思い切って処分してしまいましょう。


Img_2777

まだ印字できました。(カーボンが薄いけれど)
感謝を込めて、リサイクル。
”わたしを育ててくれて、ありがとうheart04


今朝は、あり合わせのものでお弁当。
無類のお弁当好きの夫。
メタボ防止にも、週2日くらいは作ってあげたりしていますが、
これもわたしのコンディション次第。つまり、寝起き具合によって、作る日が決まる仕組みです。
ですから、飾りっ気の全くない男子弁当となります。
(ハートの海苔弁とかは、無理!)
喜んでくれるので、良しとしましょうか。


さて、午後からは冷蔵庫とストッカーの整理整頓。

なかなか難しい断捨離ですが、極力すっきり生活を心がけたいと思います。
みなさまもどうぞ。

それでは、また。

Img_2787

胃袋は大事。
倦怠期の夫婦の活性剤??

2011年5月17日 (火)

和生活

今にも降り出しそうな雲行きです。
今日は、和室の整理と防虫剤の入れ替え。

使わない座布団、夏用、冬用、各10組。
京友禅で、わざわざ発注して作ってくれた嫁入り道具の一つですが、押し入れの下半分を占領しています。捨てるに捨てられないものですが、今時、そんなにたくさんの人を和室で迎える様な事は皆無。
お茶席の座布団は、小さなクッションサイズですからそれにも利用できません。
そのまま防虫剤だけを入れ替えして20数年です。
お布団も同様に、真綿で作ってもらったセミダブルサイズの正真正銘の和布団(x2)でしたが、ベッド生活に早めにシフトした為、昨年とうとう処分していまいました。
今、国産の真綿はなかなか手に入らないのだそうです。

良い時代だったのだと思うのですが、生活環境も変わってきて、使えないものがいろいろと出てきています。

和ダンスにぎっしりと着物も入れてくれましたが、その袖を通す事が目的にお茶を始めた様なものです。留袖、喪服まで一式入れて嫁支度をしてくれた父と母には感謝していますが。
仲人への挨拶の時に着るもの、親戚にご挨拶に行く時の着物。
などなど、母が細やかに支度してくれ、その値段を後で聞いて驚きましたが、時代はすっかり変わってしまいました。
今思うと、遠くに行ってしまう私が肩身の狭い思いをしない様にと、心を尽してくれたのだと思います。

とはいえ、生活は近代的な東京生活。
着物でご挨拶廻りなど、誰もしておりませんでした(^-^;
新年には着ましたけれど。

それでも、和の生活はどことなくしっとりとした落ち着きがあり、洋よりも和が好きな私には、そんな贅沢とも言える無駄が大切に思えたりもします。
和室にいると、自然に正座してみたくなる。
椅子の生活に変わっても、やはり心は日本人ですわね。

今夜は、和食に、日本酒で参りましょうか。


Img_2766

唯一、洗える化繊の夏着物。
現代に生きる、”もどき”です。

2011年5月16日 (月)

「断捨離」週間

慌ただしかった先週が終わり、今週は家の徹底整理。

スケジュールを立てて無駄な物を排除しながら、もっと使いやすい工夫をしていきたいと思います。

来週は一週間里帰りの予定です。

家政婦がわりに、たまには親孝行して参りたいと思います。

夫とじいやも快諾してくれ、感謝でございます。

戻ったら翌日は友人の茶会。

それが終わるともう6月です。

既に6月の予定もちらほらと埋まりつつありますが、何とも賑やかなこの頃。

せっかくですから、声がかかればどこへでも身軽に出かけて、何かしら収穫して参りたいと思います。

月曜日です。

元気に参りましょう。


Img_0747


あたちと遊びたいの?

Img_2245

しょうがないわね


Img_2509


ペチッ。

十二運(8)衰の人

衰の人

この世に生を受けてから、社会的にも身体的にも頂点に辿り着くまで、目覚ましい成長を遂げて来た訳ですが、もうこれ以上登るべき山はなく、そろそろ下山の準備に入る時期を迎えたのが衰の状態です。衰退の意味でもあり、これから徐々に肉体的にも社会的にも力加減をしていくことになります。しかしながら、その状態はまだまだ余力があり、これまでの豊富な経験を活かしていく柔軟性と、穏やかさが自然と身に付いた大人の風格があります。

衰の人は、帝旺の様な鷹揚さや楽天的気質が陰を潜め、それまでの豊富な経験値から学んだ事を実社会に反映させていく能力があります。その為、どんなに良い条件や話でもすぐに飛びついたり行動に移すという事はなく、自分の価値観、人を見る目、周囲の意見などを考慮した上で、最小限のリスクを取りながら無駄無く進んで行く事ができます。人に対しても、決して自分を優先する事はなく、相手を尊重した上で自分の意見を述べるという温和で知的な雰囲気を持った人が多いのも特徴です。

未来よりも過去を大切にする傾向が強いため、古典的なもの、伝統芸術、アンティークなものに対する造詣が深く、確かな目をもっているのが強みです。これはものだけでなく、人に対しても同様で、自分独自の人間哲学を有していますから、穏やかな眼差しの奥で、相手の持つ能力や個性を見抜く目は正しく、自分の感性にあっているかどうかを見極めた上で交際します。単独で行動するよりも豊かな経験値から人との融合によって生まれる良さを知っているため、相手との関係性によって良くも悪くも影響を受ける傾向もあります。未知のものに対する積極性が希薄な面は残念なところ。

穏やかな衰の人は争いを好みませんが、この人が珍しく攻撃してきたら、それは忍耐の限界点に達したとき。この場合の勝者は衰の人です。気がつくと周囲は全てこの人の味方で埋め尽くされ、手厚い防御と賢者達の攻防であっけなく勝敗が着いてしまいます。もし、あなたが衰の人に戦いを挑んだなら、最後の最後まで気を抜いてはなりません。何しろ、この人のめがねに叶った人達は強者達。バックには強い味方がついているのですから、油断は禁物。闘うよりも融和の精神が賢い選択と言えるでしょう。

2011年5月15日 (日)

清風

五月晴れの清々しい陽気が続いています。

朝から、カラスの夫婦が巣作りの材料集めに必至です。我が家のシュロの木がお気に入りで、時々低空飛行で、抜いて行きます。

カノンは姿勢を低くしてジッと見ていますが、子作りで気が立っている時期なので、しばらく家で待機です。

今日は、これからニトリで収納棚を物色。
自分で組み立てなくても良いのが、ニトリのいいところ。

さて、出かけましょうか。

1305427764680.jpg


カラスちゃん、大変ね〜


1305427766485.jpg

1305427767569.jpg

でも、ここはあたちのテリトリーだから
印しとかなきゃ。


2011年5月14日 (土)

すっきりお目覚めの朝を迎えました。

お天気も良く、気持ち良い五月です。

今日はパウンドケーキでも焼きましょう。

苦味の強いマーマレードを入れて、お茶の時間にしたいと思います。

原発の惨状もはっきりしてきました。
大変な事態ですが、正確な事態把握ができ、これから先の対策がしっかりとできるようになるのでは。

良いお天気です。

光の力をもらって、楽しい土曜日にしたいと思います。

1305340409903.jpg

夕べはあたち一人で
ふて寝。

1305340411395.jpg


だからね、今朝早く起こして
あげたの。


1305340412351.jpg

気持ちいいわ〜

2011年5月13日 (金)

心の闇

雨上がりの、これから蒸し暑くなりそうな金曜日です。

最近、芸能界の方の自殺が多いですね。
華やかな表生活と違い、実際はとても孤独な方が多いのだと思わざるを得ません。

生きている方が辛い現実が起きたのか、そうではなく、考え過ぎて突発的に起きてしまったのか、心の闇を知る事はできませんが、震災で命の尊さを感じる人もきっと多いと思う中の、自殺。

誰にも相談できず、心を開いて寛げる場所がないのは、何と不幸な事なのかと思います。
今の状態が永久に続くなんて事はないのに、その瞬間は絶望が続いてしまうのではないかという恐怖感とか、孤独感が精神力を失ってしまうのでしょうか。

自分を出せず、悩みを打ち明けられない人は割と多いのではないかと思いますが、他人だからこそ、何も考えずに話せる事もある筈。そんな抜け道を自分の為に作っていただけたらと、悲しい報道が続くと切実に感じます。

元気一杯の金曜日の筈が、なんだか湿っぽくなってしまいました。
ごめんなさい。

さて、今日は午後から外出。
夜の予定もあり。
今のこの時を、ちゃんと生きましょう。
みなさまも。


それでは、また。


Img_3193_2

おっとーしゃん、新聞より先にやる事あるんじゃない?
何か忘れてない?


Img_4612_2


そうそう、これこれ。
あたちのおつまみ。
今夜は麻婆豆腐?

2011年5月12日 (木)

熊川ロミオ

昨日は、上野の東京文化会館に雨の中、バレエを観てきました。

熊川哲也の高いジャンプも演出力も、変わらず素晴らしい安定感でした。
一番良かったのは、プリンシパル(主役)の女性。英国ロイヤルバレエ団のプリンシパルでもあり、小柄ながら繊細で可憐な演技が特上の光を放っていました。

舞台美術も、衣装も全て時代考察に基づいたもので、一切の手抜きもなく、色彩の妙が光る舞台でした。

シークスピアの戯曲のロミオとジュリエット。
この物語自体は、あまり興味のないものでしたが、こうしてバレエを通して、音楽と踊りだけで表現されると、見えない言葉でありながら、かえってバレエの世界観の方が広がりを感じさせてくれるようでした。

なにせ、前日の夜に友人から招待されたバレエだったので(友人は都合でいけず)、開演時刻に遅刻しない事が前提。夫も他の友人達も仕事の関係でどんなに急いでも開演に間に合わないという事で、国立マダムを急遽お誘い。授業の後、出かけました。
会場は、ほぼ満席。

久しぶりのバレエ。
普通、バレリーナは平な舞台で舞うのが通常ですが、階段からかけ降りてくるシーンは、まるで足が浮いているかのような軽やかさ。滑らかで羽が生えている様なステップ。

家に帰って、階段をどしどし降りて行く普通の人間の私とは違う人種を感じました。
さっそく、お掃除しながらやってみましたが、2歩目で ”どん”weep
筋肉痛になりそうです。

ドラマ性の深いスケール豊かな舞台でした。
ご興味のある方、是非どうぞ。
来月初旬まで開催しています。
必見の価値あり。でございました。

Img_2761

Img_2763

あにゃた、ロミオって言うんでしょ?
あたちは、カノンって言うのよ。

Img_2762_2

あたちのロミオ、探してよ。

2011年5月11日 (水)

雨の日のバレエ

昨日の蒸し暑さがウソのように、肌寒い雨日となりました。

今日は、授業。

そして夜は、バレエ。
熊川哲也のロミオとジュリエット。
友人から、急なプレゼントです。
映画のブラックスワンも、来週あたり観に行きたいと、遊ぶ事ばかり考えております。

まぁ、緩急あった方がバランスが取れて、私には心地よい。バランス人間ですから、偏りが続くことはNG

雨の日のバレエ。
楽しんで参ります。

皆様も、働き過ぎたら、同じくらい気分転換の時間を持ってくださいませ。

あ、わたくしは働き過ぎてなんてことはなく(怒られそう(⌒-⌒; )
今回のバランスは、家にいる時間と外に出る時間のバランス。


それでは、また。


1305075723568.jpg


カノンのいたずらで
葉を思い切ってカットしたパキラ

1305075725113.jpg
新芽が続々と。


1305075726322.jpg
根元は、服を着ています。
カノンの土いじり防止。

1305075727114.jpg

あ〜、つまんない。

2011年5月 9日 (月)

月曜日です。

連休明け、お疲れが出ていないでしょうか?

今日は、久しぶりに友人とランチ。

里から届いた母手作りの "あくまき“を持って。


1304906800353.jpg
黒糖きな粉、つけましょう。


お茶の師匠から、暫くお休みのご連絡。
お元気だけれど、いよいよ終了宣言も近いかもしれません。

いろんな事、これまで長い間、習慣になっていたものごとが離れ始めている感じです。
代わりに、遠くのルーツが近くなる。

私の人生は、新たな章に入ったのだと実感するこの頃です。

今年はスタートの年。
様々な出会いがあり、流れが変っていく様な、不思議な感覚の今年です。

諦めないで努力する、きっとチャンスが来て叶う。
昨日、三国シェフがソロモンの番組で言っていましたが、この人はそうやって道を切り開いて来たのだと、改めて芯の強さを感じます。

陰陽五行でも同じ。誰にも平等にチャンスが訪れ、それを後押ししてくれる運の流れがあります。

諦めずに、自分のスタイルと速度で参りましょう。

1304906801521.jpg


お外行く?


1304906802244.jpg

heartもちろん!


1304906802924.jpg

ずっと、外にいたいわ。

2011年5月 8日 (日)

五月晴

昨夜は二人で歩いて、飲みにでかけました。
はしご酒。

飲み過ぎでございます。

6時半からなら12時まで。

締めのラーメンまで、フルコース。

今朝はお目覚めよろしく、朝6時に起床。

恐る恐る体重計に乗って

絶句 typhoon


明日は断食でもしましょう。

GWも終わりです。

今日は母の日。
今月帰省の予定です。
親孝行の里帰りとなりますかどうか。
家政婦は見たシリーズで、レポートしてみるかもしれません。


1304827975068.jpg

カノンの尻尾は立派


1304827976299.jpg

馬のよう

1304827977030.jpg
失礼ね!
あたちは、あたちは〜
犬?
の様な頭の良いニャンコよdogcat
ちょっと〜、逆光よ!

2011年5月 6日 (金)

よ〜やく、書き上げました。
今月の運勢。

本当に、遅くなってしまいめんぼくない。

今日は、ハイボールで一杯です。

明日は、収納用品をちょっと買いに出かける予定。

あとは、のんびり。

カレンダーの予定が埋まって行く5月。

なんて早いのでしょうか?

もうすぐ、今年も折り返し地点。

付いて行くのには、無駄な贅肉を落とさなければ。

6月から、絶対にジム!復活。

頑張ります。


Img_2744


ねぇ、こっち向いてよ〜

じいやは忙しいのね。


Img_2743


5月の運勢

Mothersday120072_2長らくお待たせしました。
5月の運勢、遅れて申し訳なく思っておりまする。
3月に起きた震災や原発事故、世界各国で起きている情勢の不安定さ、テロなどなど、様々な事が繰り広げられ、先月まではそれぞれの思惑や利権が絡み、進むべき方向に様々な調整項目が表れて、収拾のつかない状況でした。しかし、5月に入り、季節は初夏になりました。
先月までの試行錯誤が今月からスムーズに流れ始めていくと思います。暗いトンネルの中から、抜け出せるような光明が差してくる気配です。少し、ほっとできる状況と明るさが戻ってくるのではないかと感じます。そうあって欲しいものですね。

では、今月の運勢をお楽しみください。

Icon_moon33_gr1月生まれ(丑月)

「怒濤の勢いも結果吉」

今月は、これまでの事に油断出来ない事柄も入って、いつも穏やかなあなたも流石にキレそうになってしまうかもしれません。しかし、金銭面や物質面での恵みは多く、頑張っただけの成果が必ず手にできる時。投資運も良いですから、気になるものがあれば、賭けてみるのもよいでしょう。こんな時はたとえ状況に腹が立つ事があっても、どんどん進めていいでしょう。自分を曲げて調和を図るよりも、自分を信じて様々な事を一気に片付けていくパワーが必要な時です。最後は満面の笑顔で受け取れるものがきっとあるはず。ちょっとしたチャンスも潜んでいます。抜かり無く進みましょう。

Icon_moon33_gr2月生まれ(寅月)

「何て言っても大金星!」

今月は、先月の苦労が嘘の様に、物事がうまく捗りその結果も大きなものとなる気配です。勝負の月でもありますので、密かに計画していた事があれば、今月はそれを実行してみる価値があるでしょう。得に財運は抜群です。組織内の運営も共同事業もスムーズに流れ出し、周囲からの評価も上々。言う事なしの良い月となる可能性が高いでしょう。この時期、一時的にピンチを感じたり、パニックになったりしても、落ち着いて流れを見て行く余裕があれば、全く問題なし!弱気になったりせず、計画通りにいろんな事を打ち出してみてください。ここ一番の勝負どころです。

Icon_moon33_gr3月生まれ(卯月)

「靴底を減らして花一輪」

今月は、目まぐるしい忙しさと活気に満ちた月。引立て運も抜群。出張や移動も多い時期ですが、かならずそこには利益と評価がセットになってついてきます。表面に表れる事が思わしくないように感じていても、それでも歩みを止めずに進んでいくと、いつのまにか形成は逆転。不思議な運気の力を感じる事もあるでしょう。必ず名実共に得られるものがある時ですから、積極的に進めましょう。ただし、多忙ゆえに体調の変化には注意してください。体力の消耗は避ける工夫も大切なときです。実り多い今月を有意義に使う工夫を考えましょう。

Icon_moon33_gr4月生まれ(辰月)

「大きなあくび、のびのびと」

今月は、おいしいお酒を大切な人達とのんびりと飲める様な、穏やかな日常が戻ってくるでしょう。あなた自身の良さが十分に発揮され、人との関係も物質面も、だいたいが良い方向に進む時。財産を違うものに変更したり、増やしたりという事にも的確な判断ができそうです。少し慌ただしい時期もあるかもしれませんが、精神的な伸びやかさが光って、普通にしているだけで良い方向へ転がっていく気配。
すっきりしなかった事柄にも、結論を見いだし、そこから新しい考えが生まれる可能性もあります。
今月は楽しい環境作りをしましょう。ゆったりとした環境が良い思考を生み、流れを作ってくれそう。

Icon_moon33_gr5月生まれ(巳月)

「流れる河が示す先」

今月は、全ての事に調和が取れ、素晴らしいバランス感覚が戻ってくる時。不思議なほど円満に物事が運び、個人生活のみならず社会生活でもすばらしい評価を手にできる可能性が高いでしょう。自分だけが理解しているリスクや内面に潜んでいる膿も、秘密裏に上手に対処できる時でもあります。それだけ、良い面がクローズアップされる月と言えるでしょう。気をつける事があるとすると、目上との関係。思わず口を滑らした事が、関係性にちょっとした摩擦を運んでこないとも限りません。その点だけは注意しながら、巡ってきた季節の恵みを手に入れてください。

Icon_moon33_gr6月生まれ(午月)

「取るには早い果実」

今月は、趣味の世界や自分の好きな事、感性を活かせる事に関して良い状況が訪れる可能性が高い月。趣味性を活かしたもの、文化的要素を日常生活に積極的に取り入れましょう。日常的には、やや暗いムード。身近な人との関係で何らかの対応を迫られたり、それに奔走したりとなかなか精神的にも物質的にも落ち着かない情勢です。体調のバランスにも気を配りたいとき。金銭面、精神面も十分なケアが大切です。特に金銭については、全て消極的に進む方が良いでしょう。投機やあるいは資金繰りなどは来月まで待ってもらう戦略が吉。今月だけは自分の城を守る事に力を注ぎましょう。

Icon_moon33_gr7月生まれ(未月)

「怒るより福笑いで」

今月は、何となくイライラしてしまう事が多く起きて、つい一言が大きく響いてしまう傾向にもあります。しかし、怒るよりも褒める事に意識を転換すると、自分でも知らなかった相手の顔を見れたり、思いがけない反応を見られるチャンスになるかもしれません。一見すると辛い状況のように感じる事も、少しだけ対応を返る事で結果的に、まんざら悪くないじゃないか!と最後は何となく微笑みが出てくる様な気配も濃厚です。許してあげようと思う懐の深さが明暗を分ける月でもあります。怒るのは溜めておいて来月にどーんとだしましょ。今月は大人の対応が光る時と考えて、相手に花を持たせてみましょう。

Icon_moon33_gr8月生まれ(申月)

「天秤も乗せるもの次第」

今月は、かなり好調さを感じられる事が多く発生しそうな気配です。これまでの努力が周囲からの評価やあるいは協力の申し出など、良い事象に繋がっていくでしょう。また、引立て運もあります。こんな時はつい強引に物事を進めてしまいがち。それが思わぬ展開へと繋がって、手に出来るはずのものが別へ流れたりしてしまう要素も含まれています。この時期は、物事を考える際に時間的ゆとりを持ちましょう。ゴール設定も、余裕のある日程にすると良いでしょう。慌てて急ぐとあまりよい結果になりません。いつもよりロングスパンが大切な時期と言えそうです。真心第一に。

Icon_moon33_gr9月生まれ(酉月)

「金銀キラキラ」

今月は、抜群の財運。これまでの努力が実益となって手にできる時。思わぬ臨時収入や援助が期待できる時でもありますが、投機や何らかの事柄から予想以上のものを手にできるかもしれません。何をしてもうまく運ぶ時ですから、一人でいるよりもたくさんの人とのコミュニケーションの場を作りましょう。誘いは快く引き受けて、仲間と言える人達との交流が楽しいとき。何らかのプロジェクトに推薦されたり、目上からの評価も上々。こんな時は意欲的に取り組む事が大切。家にいたりせず、なるべく外との交流を図りましょう。孤独を感じていた事があれば、ここから輪が広がっていく時と言えそうです。

Icon_moon33_gr10月生まれ(戌月)

「待っていたもの、ようやく」

今月は、これまでじっと耐えながら、時には陰でいろんな思いを消化しながら、地道な努力を重ねてきた今のあなただからこそ受け取れるものがあります。それは、ここまでの道のりがあったからこそ。得られるものは一段上がったあなたにふさわしいもの。どうぞ遠慮なく受け取ってください。満たされた今は、普通にしているだけで周囲と異なる輝きがあります。品格が上がるような言動が自然と身に付いている時期。財も運もいまは味方です。愛情も深まるとき。ありのままの自分の姿で人と接していきましょう。それだけで、周囲はちゃんと評価してくれるやさしい月になりそうです。

Icon_moon33_gr11月生まれ(亥月)

「信号は青で渡る」

今月は、物事に二つの道筋が出来やすいとき。精神力も活気も戻ってきてはいるのですが、なぜかすっきりしない感じを受けやすい時期です。この道は正しいのか、あるいは別の方法が見えてそれを採用すべきなのか、何故か迷ってしまって身動きが取れない傾向にあります。プライベート、家族、仕事、全てにおいて惑わされる事が多く発生しそう。でも結果は別物。今、あなたが感じている事、感性が求めるもの、自分の価値観が決める事、それを重視していく事ができるかどうか、それを試されている時期。どんなに尊敬する人が教えてくれる言葉も、自分の心が聞き入れられるか、その物差しを大切に過ごしていただきたい。そんな月です。

Icon_moon33_gr12月生まれ(子月)

「過去と未来の分岐点」

今月は、はっきりとした運気の変わり目を感じられる月。この数ヶ月に渡って対応して来た事がきちんと収まるべきところに収まり、あなたの手から離れる時期を迎えました。さて、次は何をしたら良いでしょうか? もう既に少しだけ動き出している事があるとしたら、それを本格的にスタートするべきタイミングになりました。仕事も、居場所も、目上との関係も、変化があるでしょう。また、今月持ち込まれた話や出会いには、今後を歩んで行く大切な要素が含まれています。ここからのスタートは、今年後半を生きて行く上での大切な時期と捉えて、前進あるのみ。勇気を出して進みましょう。

今月の運勢。

遅れております。

ごめんにゃさい。

今日中に。

たぶん夜までに。

必ず、載せます。

楽しみにして下さっている皆様、あと半日お待ちくださいね(⌒-⌒; )


これから外出です。

また、後ほど。

必ず、書きますからヾ(@⌒ー⌒@)ノ

1304641096345.jpg
ribbon
ねぇ、あんた
背後に何かいるんじゃない?

spade
気のせいだろ。
誰もおいら達に興味ないさ。

1304641097959.jpg

あたちよ。
興味、無いこともなくてよ。


2011年5月 4日 (水)

GW中日の楽しみ

今日は、午前中はご近所のガーデニングショップへ

夜は、かわいい姪のお誕生日。
恵比寿で待ち合わせて、庶民的な中華料理店で会食。

じいやは嬉しそう。

甥は、配属先が大阪勤務になり、少し淋しそうな両親を尻目に堂々たる風格の様で、今日は大学の後輩の試合を見るとの事で欠席。

大阪赴任になって、社会人になって、寮生活になって、ほぼ1ヶ月。
なのに、「6日に有給休暇をいただきたい」とのたまったそうな。

心臓が強いというのか、はらはらしている妹夫婦と別に、じいやは「たいしたもんだ!」と大笑い。

まぁ、帝旺の甥ですから、何となく頷ける様な。
慣れない浪速の街で、最初から厳しい修行ではないかと思いますが、そこは帝旺。

大失敗もしながら、頑張って成長してほしいものです。

Img_2798


何やら物色中の夫。
お腹のサイズはおいくつで〜すか???


Img_2755

土の匂い


Img_2757


みんなと一緒は楽ちいわね!

十二運(7)帝旺の人

帝旺の人

冠帯で大人社会へ入り、建禄であるべき立場を確立した後、更にトップを目指すのが帝旺です。皇帝を意味する言葉通り、独自の帝王学を身に付け最高位に付いた状態ですから、下界を見渡すだけの余裕と視野の広さ、博愛精神に基づいた平和と公平さを自然と身に付け、少々の事では動じない大らかさを持ったのが帝旺の人です。パワーも限りなく強く、建禄の様ながむしゃらさは影を潜め、程よく力を抜いた独特の存在感が光ります。

帝旺の人は、建禄と同様に男女を問わず社会性を示す星ですが、志が大きく小さな事に拘らない余裕があります。描く夢も壮大で、自分の思考や企画力、行動力、人に対する処世術など、全てにおいて限界を設けません。自分の信じる方向性に疑問をもったり、その為に軌道修正したりという事が少なく、また人に関する直感力も希薄です。しかし、それが必要ない程に全ての事柄を高い位置から観察し、決定するだけの力を持ち合わせたエンペラーなのです。

自信に満ちあふれ物事を面で捉えます。その広い面を動かす為の点を見いだす眼力はすばらしく、それが全てに活かされ、ふさわしい結果を得られた時が最高の喜び。何しろ、とてつもなく大きな思考力の持ち主ですから限界というものがありません。最後の最後までゴールに到達する道に更に良い方法が見つかると、すぐに路線変更できてしまうのが強みでもありますが、終わりを全うしない事にも。トップに立ったら後は下り道しかないのですから、思わぬ突風で足下を救われる危うさもあります。アップダウンの大きさには注意が必要です。

いつも温和で、平和主義社の帝旺の人が珍しく怒っていたら、または捨て台詞でその場を後にしたら、それは関係性の終焉を意味しています。もう二度と自分から歩み寄る事はありません。それだけに情が切れる事の悲しさ誰よりも辛く感じているのも、この人です。そんな帝旺の人いたら、”あなたは間違っていないのだからそれで良い” と、正面から受け止めてあげましょう。火に油を注ぐ様な批判や反対意見は危険。自ら立ち直り、元に戻るまでにそう時間がかからないのも強み。何しろ、孤高のエンペラーは自分が頼り。放っておいても博愛精神を取り戻すでしょう。

2011年5月 3日 (火)

十二運(6)建禄の人

建禄の人

冠帯で社会人デビューを果たし、他者との関わりを学びながら実社会の荒波を体験した後、自分の価値を自他ともに認めてもらい、更に一段上を目指す状態が建禄の人です。禄とは福禄、成果物、権利などを意味した言葉ですが、それを建立する時期。過去の経験を踏み台に、自己の確たる足場を固め、相応しい立ち場を手に入れるという野心が芽生えます。

建禄の人は、上昇志向が強く、個人生活よりも社会生活に重点をおき、そこにいる自分の価値を認めてもらう事を求めます。男女を問わず、男前な一人前の大人としての力量や度量を持ち合わせていますから、自分だけでなく、周囲の力量に応じて任すという事ができる人です。相手を信じる力、自分を信じる力、そして結果を出すだけの知識も社会性も持ち合わせている、一国一城の主たる風格があります。

自分の価値を認められ、ふさわしい立ち場にいてこそ、建禄の人は堂々たる姿勢の中に謙遜の美学を見せる様になります。人よりも一段上にいるのですから、自分の弱さや精神状態を人に見せる事はありません。一段下がってその人の目線で話をしたり、意見をする事は少ないのです。誰にも隙を見せられず、また認められない環境下では、力の出し惜しみをしてしまう皮肉屋の一面が出る事も。

いつも堂々たる風格の建禄の人が、ニヒルな表情でブラックジョーク言ったり、短い言葉で捨て台詞を吐いたりしたら、それは穏やかな表情とは裏腹に不満の感情が渦巻いている時。自分の内面を知られる事を嫌がる人ですが、こんな瞬間があったら、何はともあれ、この人の人間性や社会的力量を褒めてあげて下さい。自分はちゃんと認められているのだという事が確認できると、あるべき立場に再び君臨できるでしょう。たとえ表面で否定しても、心の中は大輪のひまわりが咲いている様な心境にいる筈ですから。

睡魔の朝

今朝は7時過ぎにカノンに起され、夫は告別式へ出かけました。

わたくしは、二度寝。

気がつくと、10時。

え〜sweat01じゅうじ〜???

久しぶりに一人、ぐっすりと朝寝坊。

その後は、カノンの催促で曇り空の玄関先で、コーヒー飲みながら
カノンの蜂の追いかけっこを眺めて、ぼ〜っと。

今日は出かける予定でしたが、雨も降りそうなので、帰って来た夫とのんびりTV。

明日は、夜、会食の予定。

昼間はガーデニングショップで肥料とお花を購入して、土の入れ替え。

お天気が良ければ、ドライブもあるかもしれません。

どんなGWをおすごしですか?

好きな事をのんびりするのも、今年はとても良い気がします。

温泉には入りたいですが。もっと時期をずらしてから考えるとしましょうか。

それでは、また。

Img_2741

庭のツツジとたんぽぽ。
ふきの葉もちょっと拝借。


Img_2740

今日は長い時間出してもらったから
満足だわ。

2011年5月 2日 (月)

初夏へ

カレンダー通りのGWの我が家です。

今年は不幸が重なっていた私ですが、今度は夫の同僚が急逝。
今夜はお通夜。

何なのでしょうか〜。直接我が家に何か起こるという事はないのですが、何にしても離別の多い年。
これもあと数日で終わる筈です。春から夏へと季節が変わるものあとわずか。

さ〜、夏の準備はできましたか?
衣替えの時期で、毎日たくさんのお洗濯をしてはしまい込んでの繰り返しです。

着物も呉服屋さんへ纏めて洗いに出し、絽の着物を眺めては、今年は着るだろうか? と思いつつ、まぁせっかくですから、クーラーの効いたタクシーで、夏の夜のコンサートにでも出かけてみたいと密かに計画しています。
昼間、着物で一緒にお出かけは照れる夫ですが、夜は飲めるせいもあってOK。
だんだん派手になってくる着物類。
兄の娘も20歳。お嫁に行く日が来たら、体型も似ている事ですし、纏めてあげようかなと思うこの頃。
日本舞踊が好きで、気だての良い娘に育ち「反面教師で育った!」孫娘がかわいい両親を見て、子供のいる生活は大変でも、実りが大きいなと羨ましい限り。

まぁ、いない子には泣かされないとも言いますが、やはり自分の子供の顔を見せてあげたかったなと思うのは、年のせいでしょうか?

今日は、これから外出。
6日までには、今月の運勢を載せる予定です。
なるべく早めに頑張ってみますが、少し遅れますのでご了承くださいませ。
初夏を迎えた5月の運勢ですから、元気よく書いてみたいと思います。

それでは、また。


Img_2710

ビール、飲むらしいわ。
安っすいワインも飲む気よ。

Img_2711

ダミ声のトラちゃん、いないわね。

Img_2714

いつでも酒盛りがこの家の定番。
やれやれ

十二運(5)冠帯の人

冠帯の人

受胎から始まってこの世に生を受け、沐浴で様々な体験を通して自己の成長を経て来た段階から、いよいよ他者との関わりを通して、個人生活から社会生活へと突入する段階が冠帯の人です。冠を付けるという意味でもあり王様や女王、現代に置換えると成人式や卒業を意味している状態です。これまで自分だけの事を考えていけば良かった世界から、ここから大人としての自覚が芽生え始めます。

冠帯の人は他者との関わりの中で、自己を意識し、時代の流れを察知するアンテナを持っています。抜群の社交術と他者との関わり合いの中から、新しいもの、興味のあるものを探し出し、現代の流れにいち早く対応しながら自分らしいスタイルを作り上げる事が上手です。大人としてのマナーや人との調和を大切にするため、どんな時でもTPOを考えます。色彩感覚や美的感覚にも優れているため、おしゃれな人が多く、輝くような笑顔がチャームポイント。何となく憎めない人が多い印象を受けます。

社会人としてのマナーを大切にする事は、冠帯の人にとっては大切な価値観ですが、まだまだ大人になりきれない不安定さも持ち合わせています。そのため、内面には子供時代の強い自我があります。実社会ではそれを見せまいとするプライドの高さがあり、周囲の状況を見て、自分独自の判断で進めた事が、実際には肝心な点が抜けていたり、細やかな作業や綿密な計画性には危うさも秘めています。このアンバランスさは独特のチャームポイントになっているとも言えます。

明るく社交的な冠帯の人が人前で怒りをあらわにしていたら、それはプライドをひどく傷つけられた時。人としてのマナーを守らずに急所を突いてくるような人に対しては、猛然と怒り内面の自我が爆発するのです。しかし、この怒りの感情は実は深く傷つけられた証。そんな時は、とびっきりお洒落なレストランや日常から遠い世界へ連れ出しましょう。美しいもの、目新しい刺激を前に、その状況に誰よりも馴染み、いつのまにか周囲からの笑顔をも引き出せているでしょう。何しろ、自ら輝く王様(女王)なのですから。

2011年5月 1日 (日)

季節の贈り物

みなさま

GWの前半、いかがお過ごしでしょうか?

あいにくの風で、今日は曇り空。

少し肌寒さも感じますが、我が家もそれぞれ自由に過ごしています。

今年は昨年の孟夏の影響か、いただいた夏みかんはその地域によってもかなりの差があり、果汁が少なく皮が多いもの、東京でも早くから大きくなって果汁がたっぷりでも、いつもよりもアクが強く、苦みが強い果実になりました。

たくさんのマーマレードを作りましたが、今年はちょっと苦みの強いジャムに。
そのままでは、流石にちょっと×かな〜という出来具合です。


Img_2698


Img_2700_2

それでも楽しみにしてくれている友人達へ配布。
無理矢理、もらっていただいた先も。(申し訳ないですわ)

それで、少し工夫してみました。

Img_2705

夏みかんと(グレープフルーツでも可)
マーマレード+赤ワイン
*スパークリングワインや白ワイン可。

飲んだ後のデザートには良いかなという感じです。
白ワインかシャンパンの方がいいかもしれません。
あとは、ドレッシングや煮込み料理の隠し味、肉類のソースなどに使っていただけたら、今年の夏みかんもきっと安堵する事と思います。

今朝、2年前に植えた山椒が去年枯れてしまっていたのですが、ふと覗いて見ると、再生して奇麗な新芽が出ていました。 柔らかくて香りの強い山椒。
放っておいて大丈夫だよと、じいやの助言通り。

今日は、曇っているので家でバナナジャム作りながら、読書でも。
皆様も有意義なGWをお過ごしください。


Img_2730


Img_2732_2

今夜は筍ごはんheart04

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Time

  • ブログパーツバイク買取ネット大阪のホームページ制作レーシック手術情報サイト

おいしいワイン

  • 大切な日のワインからデイリーワインまで豊富な品揃えの ”The Party!”
    e-shop WINE MARKET PARTY

海外ホテル予約なら

  • ここ↓
    人気14都市のホテルが最大60%OFF★エクスペディアの直前割引

最近のトラックバック