« しとしと | トップページ | 陽気に誘われて »

2010年5月12日 (水)

ジャムの時間−夏みかん

昨日は、天然夏みかんをマーマレードにしました。
殆どが、注文のあったものばかりで、我が家には1瓶のみ残り、全てプレゼントに行ってしまいそうです。
陰陽師の卵の皆さん、素材があれば作ってお送りしますので、天然物の柑橘類ありましたら、ご連絡くださいませ。happy01 これからの季節は、柑橘類、杏、梅雨明けには熟した梅でジャムが作れます。

という事で、今日は時間だけがかかりますが、簡単マーマレードのご紹介です。


1)まず、良く洗って丸ごと、たっぷりの水が入った大鍋の中へ入れて沸騰。
 沸騰したら弱火にして2時間。重めの落としぶたをすると全体的に火が通ります。


Img_0456_2

これをお鍋で2時間コトコト。

Img_0457
2時間沸騰したら、更に2時間水の中に入れてアクを自然に出します。
夏みかんの中は、真空状態になっています。


2)半分に切り、中身と皮の部分を分けます。
(a)中身は、荒目のザルで濾して、最後は手でザルの底をかき回す様に、なるべく濃厚なジュースが出る様にします。

(b)皮は、皮の裏側についた透明な部分を包丁でそぎ落として、3mmくらの厚さにします。
そぎ落とした物は捨てます。それから、好みの幅に千切りします。(たいだい1mm〜2mm)


Img_0458

手で簡単に中身と皮の部分を分けます。
中身は、種から出たペクチンという物質でトロトロです。


3)aとbを一緒のボールに入れて、重量を量ります。(正味の重さ)
正味の重さの60%(甘い方が好きな方は65%)のグラニュー糖を入れて良く混ぜます。
*写真は、夏みかん4個分です。

Img_0459

こんな感じになります。これにお水100ccを入れて良く混ぜて、ホーローに入れて火を賭けます。

4)ホーロー鍋は22cmくらいのものが一番適していますが、鍋の大きさの半分弱くらいの材料を入れて、材料が多いようであれば2回に分けて火にかける様にします。
中火で10分〜15分間。木べらでかき混ぜながら、鍋底が見える様な固さになったら火を止めます。
冷めるととろみが強くなるので、もう少しかなというくらいで火を止めるとGood!

5)煮沸消毒した瓶を逆さまにして自然乾燥させたものの中に、熱いうちにジャムを詰めます。

6)詰めたら、しっかりと蓋を閉めて、逆さまにして脱気して冷めるまで放置しておきます。
(脱気する事で中が真空状態になり、3ヶ月は保存できます。)

Img_0464

完成!

Img_0466

8個の夏みかんで、12瓶のマーマレードが完成しました。
ラッピングして、ご進呈。

待つ時間が4時間ほど。作る時間は30分程で、簡単にできます。
お試しください。

« しとしと | トップページ | 陽気に誘われて »

ジャムの時間」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542912/48339441

この記事へのトラックバック一覧です: ジャムの時間−夏みかん:

« しとしと | トップページ | 陽気に誘われて »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Time

  • ブログパーツバイク買取ネット大阪のホームページ制作レーシック手術情報サイト

おいしいワイン

  • 大切な日のワインからデイリーワインまで豊富な品揃えの ”The Party!”
    e-shop WINE MARKET PARTY

海外ホテル予約なら

  • ここ↓
    人気14都市のホテルが最大60%OFF★エクスペディアの直前割引

最近のトラックバック