Official HPはこちら↓

Star Reading Fortune

片目の天使

  • 片目の天使
    猫との出会いを通じて、豊かな愛情を紡いでいくニャンズ一家の物語

Twitter

  • 時々つぶやいています
    Twitter Button from twitbuttons.com

2024年5月 5日 (日)

野菜ソムリエと淑女の宴・間が合うということ、出会う事の不思議

まずはこんな美味しそうなお料理の画像から。 

お話は長くなりますから、目で楽しんでただいた後にゆっくりと下に進んでいただけたらと思います。

04297d488d0948f39e017ec39f14c07e E44dd65e7ad2409ea5809b6114e5089e B6d1d952de364094b7999aab64123bde 4c91d353b5b64f709e7ca1f7dd8d817c 6ee542c67d494b7f9327aebddbd9e5f8 165b2309cea648658b07ad6c8b9ebb01 B25ad86c23c346148638795b0a1a2d2fF3c401502cdb4300847f0da9b56a76e2

A290b63de1634746b89363aa01f80e54

誰でも密かに願っていること、ずっと昔から夢描いていたこと、なんとなくこうなればいいなー、こんな時間や人生が先にあったらいいなと思っていることってあると思うのです。

思い起こせば、子供の頃に願っていたことは、やはり叶っている気もします。子供の頃は田舎から脱出して都会に出て、私の夫となる人は東京人であってほしい。そのためには仕事は東京に探さなければ人生の扉は開かないという気持ちは、高校生の頃になるとはっきりと意識にありました。 まぁ、理想通りではありませんが、それでも確かに今この東京に住んで40年もの時が過ぎ、夫も確かに東京生まれの東京人(笑)

還暦を迎えた頃から、密かに今後のことを考えるにつけ、介護人生期の真っ只中で先は見えにくく、介護があるから爺やを看取るまではという考えが常に頭にはありましたが、夫のこの一言<生きている元気な今、施設に入ってくれた爺やの住まいをリフォームして有効活用しよう>

この提案から始まった我が家のほぼほぼフルリフォームが整った昨年の12月、待っていたかのように「もういいかーい」「もういいよ」と言っているような感じで爺やが天国に召されました。

今思うと全ての時間軸が合っていたようにも感じます。もし義父を見送ったあとの今、家の片付けからリフォームまでをしただろうかと思うと、自分自身、疑問が湧きます。夫婦二人ですから、この広くなった家を処分して老後を見据えて住み替える方に舵取りしたのではないかと。

ですがそうならずに先に完成して見送ることができ、爺やもきっと、<この家はまだ使ってよと>言っていたようにも感じるのです。

キッチンを作る時に、私が長年思っていたことはキッチンスタジオ風にして料理家の人を呼んで出張料理してもらったり、会員の方々やお客様を招いての懇親会の場にできるようにもしたいということでした。でも、そんな事は夢のまた夢で、実現するとは思っても見なかったのです。

せめて、一応料理だけは好きな私が、大切な友人達や家族を招いての食事を提供する機会は持ちたいというくらい。

ところが、思いがけず茶室も作ったことが起因して、異業種会で仲良く活動させていただいている友人から、野菜ソムリエの女性がお茶の先生を探していると私に声がかかりました。丁度、お茶友と二人で茶稽古をスタートしたばかり。

せっかくのご縁なので、一先ずzoomでもしましょうと話をしている内に、千葉で活躍されているということで千葉と言えばエナジーストーン、時々蘇我に行ったりしていましたという話から、実は共通の知人であったことが判明。それから話が一気に進み、それなら試食会を兼ねて集まりませんか?という提案に即OK。

出張料理もされているので本来ならきちんとお支払いすべきなのですが、初回でもあり材料費のみを参加者全員で負担するという会費制で開催することになりました。決まってから実際の開催まではほとんど時間もなくあっという間。

5月3日にランチ会として主催しましたが、急なお誘いにも快諾して参加いただいたのは、会員の方3名、縁を繋いてくれた友人、野菜ソムリエの栗原さんと私の6名。

ほとんど初対面の人が多いと思っていたのですが、初対面とは思えないほどのリラックスぶりと尽きない話と、爆笑あり怖い話ありのジェットコースターのような女子会になりました。

更に驚いたのが、初対面ではなく、いつかのどこかで出会っていたことが判明し、実は本当の初対面は少なかったのも鳥肌が立つような瞬間でした。

こんな風にして、一挙に縁の輪が広がり、参加した方それぞれの希望や夢やこうなったらいいな、この問題はもしかしたらこの縁が解決してくれるかも、など、マッチングアプリがあるとするなら、今回集まった人達はマッチングで出会ったような印象さえ覚えました。

ここで少し野菜ソムリエの栗原美由紀さんのご紹介を。

栗原さんのお父様が癌で余命3ヶ月という宣告を受けられてから、食べられる野菜をとにかく色んな料理法で食べさせ続けたところ、なんと30年も命が延びたという神業を成した人なのです。

命のスープの辰巳芳子先生同様、本当に食べることが生きることというのを実践されて、料理教室や出張料理、カフェでの提供などを通して食の大切さを伝えていらっしゃる柔らかい印象の素敵な女性です。

栗原さんへのコンタクトは、↓この名刺画像にあるQRコードからどうぞ。

Img_9336 

私自身もお客様の体質を見ることが多いのですが、弱い部分をどう改善すべきか、何を食べて良くて何が良くないのか、なかなか具体的には提案できず、薬膳を学びたいとずっと思っていました。

でも調べても韓国の薬膳教室であったりして日本人が古来から食してきた材料でのものは見つけられませんでした。日本人のための食文化も取り混ぜながら、ごく普通においしい野菜を、滋養のあるものを学べるかもしれない、大きなきっかけにもなりました。

また、どんなに体に良くても美味しくなければ続きません。作っていただいたお料理はスパイスなどのパンチのきいたものもあり、とても美味しく美しいものばかりでした。

これから時々、こんな機会を持ちつつ、会員の皆様との懇親の場や相談会なども開催できるのではないかと、本当に願っていたことの実現性が増して、人とのご縁は本当に繋がるべき時に繋がるのだと不思議に感じています。

願ってこそ。大切なことを改めて感じ入った3日のランチ会でした。

縁を繋いてくれた行政書士のMさん、ありがとうございました。

 

 

 

 

«春の女子会ランチパーティー

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Time

  • ブログパーツバイク買取ネット大阪のホームページ制作レーシック手術情報サイト

おいしいワイン

  • 大切な日のワインからデイリーワインまで豊富な品揃えの ”The Party!”
    e-shop WINE MARKET PARTY

海外ホテル予約なら

  • ここ↓
    人気14都市のホテルが最大60%OFF★エクスペディアの直前割引

最近のトラックバック